スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another fantasy - 168 -

「あ、ああぁあぁ!!」
 僕は情けない叫び声をあげた。
 手の上に乗っていた感触がなくなり、粉のような青い光は辺りに霧散していく。
 手のひらは青く煙り、僕は目をこすった。


 まだ、少し信じられなかったんだ。
 しかし、目をこすった後も景色は変わらなかった。
 けれど、変化が起こった。


 不意に手の上の青が渦を巻き、渦潮のようになったかと思えば、それが縦に延びた。
 何かが光の中から飛び出したのだ!
 まさかと思って僕は上を見上げた。
 青は尾を引いて飛び上がり、頭上で円を描く。
 そして、何か小さなものが急降下してきた!


 それは僕の目の前で急ブレーキをかけたように止まり、くるくると回転する。
 動く度に青く光る粉が舞った。
「よ、妖精?」
 僕は目を見開いた。


 どうみても妖精のようだった。
 精霊と似たような手のひらサイズで、羽が生えていたり、耳が長いところなんかはほとんど精霊とは変わらない見た目だ。
 なぜ僕がここで精霊ではなく妖精と呼んだのかというと、服が精霊のものとは一風変わっていたから。


 僕の目の前に現れた小さな人の服は、葉っぱ、ツタなど、自然をモチーフにしていたのだ。
 いつだったかにモンスターなど生き物について冒険者学校で勉強していたとき、本で妖精の絵を見たことがある。
 それに雰囲気がそっくりだった。


 女の子のような、顔、そして体つき。
 彼女は僕の持っていた宝玉の中にいた子だ!


「妖精!」
 クイットやひのたんもまた驚いて声を上げた。
「そんじょそこらの妖精じゃないですね。モンスター化したやつじゃないっす」
 クイットに続いてマオ君も言った。
 確かに野生化して、モンスターのようになった妖精は比較的よく見かける。
 しかし、そういった妖精は、敵意をむき出しにしていたり、意地悪そうな笑みを浮かべていたりと、かわいらしさはあまりない。


 それと違って僕らの前の彼女は服装も顔も大変かわいらしかった。
 僕がほほえましく見つめていると、彼女は少しもじもじとした後、口を開いた。
「ど、どもども、はじめまして~!」
 僕は数度瞬きを繰り返した。
 なんだかイメージと違う。


「いやはや、ようやく出てこれましたわ~。あんがとーございますー」
 肩の部分がふんわりと膨らみ、これまた柔らかく膨らんだスカート。
 所々花の飾りをつけていて、服の袖口なんかにはフリルもついている。
 見た目はかわいさ満点!
 しかし、しゃべってみれば、高い子供らしい声に似合わぬ口調・・・・・・。


「いやぁ、石の中は中でえかったんですけどもね。ひびが入っちゃ、たまったもんじゃないですよー。居心地悪いですし、なんか中途半端でしょー?」
 僕が呆然としている間にも彼女は勝手に話している。
 それを見てクイットは「おもしろーい」とか言って笑っていた。
 ひのたんもひのたんでおもしろそうにしている。


「なるほど、そういうことだったノ」
 そんなとき、下の方からノムの声がした。 
「きっとさっきの変な感じは魔法を覚えることはできなくても、なにかしら変化が起こるという意味だったノ」
 言われてみれば、妖精が現れるという変化はあったもの、魔法を覚えたような実感はない。


(ねぇ、バリア。僕特に魔法を覚えた感じじゃないよね)
 僕の内面の事情については、なぜか自分よりバリアの方がよく知っている。
(ん? あ、あぁ、そうね、そうね)
 バリアにしては歯切れの悪い返事。
 何か考えごとでもしていたんだろうか。


(いや、妖精っていうので何か頭に引っかかるものがあってさー)
 バリアは何か誤魔化しているような口調と笑い声をもらしながら言った。
 彼女の真意は見えない。
 いったいバリアは何を考えているんだろう?


「ともかくこれで、ちゃんと仕事できますわー。そんじゃちょっと野暮用があるんでこれで失礼しますー」 
 僕が首をひねっていると、妖精はさっと飛び上がり、僕の頭の周りをくるくる回って、青い粉をまき散らし、いつの間にか青に紛れて消えてしまった。
スポンサーサイト

Another fantasy - 167 -

 おそるおそる、僕は右手を伸ばす。
 軽く指先を当て、続いて、手のひらを押しつけた。


 途端、上空からざわざわという大きな音がし、僕の手が触れた場所から淡い緑の光が木を覆った。
 上を見上げれば、木は緑一色だった。
 枝を、ツタや葉、そして、光が覆う。
 何が起こったのかわからず、戸惑った僕は木から手を離しそうになった。


「離しちゃだめなノ!」
 背後からノムの声が響く。
 僕は離しそうになっていた手をなんとかもう一度木に押しつけた。


 光は木全体を包み、ざわめいていた木が静まり返った。
 辺りは静かなまま、音も立てずに次なる変化が僕を襲った。
 緑の光が一瞬で集約され、僕の手のひらに集まったのだ。
 体に電流が流れたような衝撃があった。
 木の幹と僕の手の間で、わずかな緑がはじけ、僕はよろけて数歩後ろに下がった。


 尻餅をつかなかった分成長したかも、なんて思う僕がいたりして、まだ余裕はある。
「だいじょぶっすか?!」
「大丈夫?!」
 マオ君とクイットが駆け寄ってきて、同時に言った。


「う、うん」
 僕は今のところ体には何ともないので、小さくうなずき返す。
 けれど、変化はまだ終わっていなかった。
 僕の胸元が光ったのだ。


「あ?」
「え?」
「うん?」
「ほにゃ?」
 僕、クイット、マオ君、ひのたん、その他大勢、予想外の事態に驚く。
 原住民たちの様子を見るに、こんな事はやはり今までないようだ。
 まさか僕自身が光るとは。
 しかもさっきのような緑色の光ではなく、僕からでる光は青い。


「これは、セカイ様の光じゃないネ」
 ネムのつぶやきが聞こえた。
 この青い光。
 見覚えがあるのだが、いったい何だったか、どこで見たんだっけか。 
 少し間を空けて、僕はひらめいた。


 この光は船の上で見た。
 船に乗っていたとき、たしか、デーダと、デイネルさんと一緒に戦って怪我をしたときのことだ。
 僕はデーダに魔法をかけてもらって、敵の目をくらまし、休んでいたんだけど、そのとき変な夢のようなものを見た。
 悪夢だった。
 現実と夢の狭間のような空間と映像。
 僕は苦しんだ。
 そこを助けてくれたのがこの光。


 そして、この青は。
「宝玉だ!」


 今回の旅に出る直前。
 暴走したのか正気だったのか、はたまた別の事情があったのか、よくわからないが、そんなネアルによって、僕の宝物の宝玉はひびだらけにされてしまったんだ。
 この宝玉の中には小さな、背中に羽の生えた妖精のような生き物の姿があった。
 しかしひびでかすんでしまった宝玉は中心部が見えなくなり、宝玉の中の方が一体どうなってしまったのかわからなかったんだ。


 もしかしたら今の木からの衝撃で、僕の宝玉に何か変化があったのかもしれない。
 僕は大慌てで、胸につけていた鎧のひもをゆるめ、ローブの奥にしまっていた宝玉を取り出す。
 するとそれはまばゆい光に包まれていた。


「まぶしっ!」
 突然光の源を出してしまったため、準備のできていなかったクイットたちはあわてて目を覆った。
 僕は、鎧がずり落ちていくのも気にせず、宝玉を見つめる。
 一体これから何が起ころうと言うんだろう。
 まさか今さっきの衝撃がとどめになって、宝玉が砕けてしまうんじゃないだろうか。
 そう思った矢先。


 案の定、光とともに宝玉が砕け散った。

Another fantasy -166 -

「僕は?」
 腕組みをといて、ノムを見た。
 ノムは難しい表情をいくらかゆるめ、僕を見る。


「今までにない感じなノ。半々なノ」
「半々?」
 クイットが困ったような声を上げ、マオ君がすっと僕の横に飛んできた。
「どーいうこったよ?」


「それが、今までなら可か不可かはっきり感じ取れたノ。でも、この人ははっきりと感じ取れないノ。だめじゃないけど、よくもない感じ・・・・・・なノ」
 ノムがうつむくと、彼の後ろに待機していた原住民の二人が近寄ってきた。
「ともかく、やってみればいいんじゃないヌ?」
「そーネ。きっと大丈夫ネ。セカイ様に触ってみるネ」
 ノムの後ろの二人は口をそろえていった。


「セカイ様?」
 そこへ口を挟んだのはひのたんだ。
 そうだ、いま女の子らしい見た目の原住民、確かネムという名字の彼女は、セカイ様に触ってみろ、というようなこと言った。
 セカイ様というのは誰のことだろう。
 もしかして、この大木のことだろうか。


「セカイ様っていうのはネ。この木のことなのネ。ものすごい力を持った木なのネ」
 予想通りだった。
 しかし世界、という名前は少し大げさじゃないか?
「ずっと前からこう呼ばれているんだヌ。どうしてこう名付けられたのか詳しいことはもうわからないんだヌ」
 ネムの横に立つ、ふくよかな体型の原住民、ヌムはいった。


「で、魔法を教えてもらうには?」
 クイットがそわそわしながら聞いた。
 そうだ、結局魔法はどうやって教えてもらうんだろう?
「大体察しはついていると思うけどナ。セカイ様に触るだけなんだナ」
 比較的標準的な体型のナムはぽてぽてと歩き、僕らを取り囲むようにして見守っていた、ほかの人々を左右に避けさせた。


 巨木への道が開く。
 数歩進めば、すぐそこに木の幹がある。
「触れられるのは一人ずつだニ。どっちが先に行くニ?」
 僕とクイットの間に立って、ニムが言う。
 僕は彼女と顔を見合わせた。


 僕はよくわからないことを言われた手前、触りづらいが、クイットもクイットで不安げな顔をしている。
 そんな僕の顔の前に黒と赤が飛び込んだ。
「そら、師匠が先っしょ! 何が起こるか見も・・・・・・えへん! 楽しみっすね!」
 思い切り見物、といいかけたな、マオ君よ。


「人事だと思って!」
 クイットが少し怒ったが、マオ君の意見に賛同するのがもう一人。
(そーよ、あんた先にいきなさいよ! 不安なものはさっさと取り除いた方が絶対いいって! 特にあんたの場合!)
 バリアまでそんなことを言う。
 そこまで言われて、ぐずぐず言うのもな。
 これでも、騎士を目指す、いや、目指そうとしている身だ。
 ちょっと、いや、ちょっとどころじゃなく僕は情けない奴だけど、ここは先に行かせてもらおう。


「僕が先に触るよ」
 クイットを見ると、彼女は黙ってうなずいた。
 僕は前を向き、がんばってくださーい、というマオ君のどこかはしゃいだ言葉を背中に受けて、幹の前に立った。

Another fantasy - 165 -

「あの、魔法を教えてもらおうと思ってきたんですけど」
 僕はわいわいと話しかけてきてくれる声を遮り、大きな声を出した。
「あぁ、OKOKなノ! そこの女の子はもうOKなノ!」
 最初に僕の前に現れた人が言った。
 女の子は、ということだが、僕は、どうなのだろう。


「あの、僕は?」
 僕が自分の顔を指さすと、ノムは深くうなずいた。
「それじゃ、久々にやるノ」
 彼が言うと同時に、僕らを取り巻いていた人々が離れていき、ノムと、ほかに4人の人物が残った。
 彼らはメイルの家で見たものの知識と併せて考えると、ナム、ニム、ネム、ヌムそれぞれの名字を持つ人のようだ。
 つまりノムを含めた彼らは5家族の代表、ということだろう。


「それじゃ、審査をするノ。手を出すノ」
 ノムが僕の前に歩み寄り、小さな手を伸ばした。
 また、ひのたんの前や、マオ君にも4人のうち一人ずつ近寄り、同じように手を差し出す。
 握手、のようなものだろうか。
 審査をする、という言葉が気になったが、周りの原住民たちがじっと見つめているので、あまりもたもたしていると恥ずかしい。


 僕は、ゆっくりと小さな手に自分の手を伸ばした。
 ちらりと、一人既に審査をパスしたクイットを見ると、そわそわした様子で僕らを見ていた。
 僕が思うに審査というのも、ただこの原住民が手に触れるだけ、だと思う。
 きっと、クイットだけ先にOKをもらえたのは、最初ノムが現れたときに、彼女の手に触れたからだ。


 僕は、ノムと、握手をした。
 柔らかい手だなぁ、とか思っていると、ノムはなんだか難しい表情を浮かべる。
 何かよくないことでもあるのだろうか。
 確かに僕はいろいろとため込んでいたりするけど。


「あ~、おほん」
 そんなとき僕の横から咳払いが聞こえた。
 見ると、マオ君を見ていた原住民、きっとナムという名字の人だろう。
 彼はなにやらノムと同じく難しい表情をしている。
 その横のひのたんを見ていた背の高い原住民、ニムという名字だろう彼も困ったような顔をしていた。


「君は、遠慮しておいた方がいいナ。きっと君にはここで覚えられる魔法が必要ないナ」
 ナムはマオ君にそう告げた。
 てっきり僕はマオ君が「なんで俺はだめなんだ!」とかいう風に怒るんじゃないかと思ったけど、予想に反して彼の反応はあっさりとしていた。


「そーか、じゃ、いいわ」
 魔王だからか?
 確かに彼ほどのものとなれば今更新しい魔法を覚えなくても大抵のことは何とかできそうだ。
 さすがに海を渡ることはできないみたいだけど。


「君も、体がないみたいだから、無理だニ。体があったにしても、君には彼と同じようにここの魔法は必要ないニ」
 そう言われたひのたんは僕の予想通り「えー!」と不服そうな声を上げた。
 しかしそこではっとした顔をする。


「そうだ! これで証明になったじゃないか! 僕はほんとに体がなくって、本当の体はここの魔法が必要ないくらいにすごいってさ!」
 確かにそうだ。
 触れただけで彼らがどれくらいのことまでわかるのかわからないけれど、ひのたんがほんとに体がない、ということがはっきりした。
 今まで嘘っぽいところの多かった彼の言葉だけど、今はなんだか本当のことだと思える。
 人のいい原住民たちのことだ、嘘をついているとは思えない。


「確かに彼はヒトじゃないニ」
 ひのたんに触れた原住民ニムも、もう一度言う。
「そうか、それじゃ、なおさら急がないといけなくなったかも」
 僕は腕組みをした。


 が、そこへバリアの気配が!
(あんたはどーなのよ!)
 バリアが怒鳴る。
 一瞬何のことかわからなかったが、すぐに思い出した。


 そうだ、僕の審査はどうだったんだ?
 いつの間にか僕はノムの手を離していたけど、審査はもうできているはずだ。

Another fantasy - 164 -

「ちょっとだけなら、いいかなぁ?」
 クイットが小さな声で言った。
 横を見れば、クイットの指先が今まさに木へと触れようとしているところ。


「あ、ちょっ、まっ!」
 僕はどうすべきか、何を言うべきか分からないながらも動いた。
 しかし、僕より早く動くものがあった。
 いきなりクイットの指先に何か降ってきたのだ。


 何が落ちてきたのか認識するまもなく、瞬時にクイットの表情が変わった。
「ぎゃわわわ!! 虫?! 虫ぃ?!」
 クイットは両腕を振り回し、めちゃくちゃに動き回っている。
 さっきのは何か虫だったんだろうか。
 白くて、大きかったような気もするけど、こんな大きな木なんだ、どんな虫が住み着いていても不思議じゃない。


 僕はモンスターかもしれない、と考えながら慌てず、慎重に辺りを見回した。
 すると僕の頭になんだか軽い感触が。
「ん!?」
 僕は頭の上をさっと払ったが何の感触もない。
 頭を押さえてみたけど、特に何か乗っている様子はない。


「師匠! なんか変な奴がいましたぜ!」
 マオ君が僕の頭上を指さしながら言う。
「どんな奴?」
 僕は周囲に目を配りながら聞いた。
「あの、原住民っす! ノムとかいうやつ!」
 ノム?
 そういえば原住民はみんな似たような名前を持っていたっけ。
 なんとかノム、とかなんとかナムみたいな感じの。


「あれ、名前知ってるノ?」
 不意に甲高い声が上から降ってきた。
 見上げると、また何か降ってくる。
「あ、虫じゃない?」
 クイットが髪をボサボサにしたまま、近づいてきた。
 少し目が涙目だ。


 僕がクイットの方から目線を戻すと、そこには小さな人がいた。
 確かにメイルの家で見た原住民の映像そのままの見た目だ。
 彼はマオ君の言ったとおり、ノムという名前を持ち、原住民達の中で一番背の低い家系の人物だろう。


「さっき黒い人がいたノ。あの人木、傷つけたノ。僕らも吹き飛ばしたノ。あの人誰なノ?」
 彼は細い小さな目で僕らを見上げた。
 どこか警戒しているように見える。


「僕らもあの人を知らないんだ。でも、今はもういないよ。僕らの・・・・・・」
 一瞬ビシウスを仲間と言うべきか知り合いと言うべきか悩んだ。
 仲間というには距離があるし、知り合いというのも少し遠い気がする。
 でも、クイットの前だ。


「仲間が追い払ってくれたからさ。木を狙ってたわけじゃないと思う」
 この木が一体どんなものか詳しいことは分からないけど、特別なものなのは分かる。
 彼女がこの木を狙っていた可能性はないわけじゃない。
 しかし、木を狙うなら僕らの前には現れずに直接向かったはず。 
 きっと彼女は僕らのうちの誰かに、何か目的があって、木には特に用はないはずだ。


「そうなノ? じゃぁ、安心なノ」
 今の説明だけで、安心してくれたらしい彼は、指笛を吹いた。
 すると、わらわらと何かが降ってきて、根っこの間からもたくさん出てきた。
 慌てて辺りを見ると、みんな原住民達だ。


「ようこそナ!」とか「よくきたニ」とか、「ゆっくりしてネ」とか「久々のお客さんだヌ」とかいろんな声が聞こえる。
 それぞれ、語尾に決まった音をいうのが癖らしい。
 癖、というより決まりめいたところがある。
 たぶん、ナを語尾につけてしまう人はナムという名前の人々、という風に、語尾でどの家系の人か見分けることができるのだろう。


 それにしてもちょっとした説明だけであっという間に警戒を解いてしまった。
 彼らはかなり人がいいらしい。
プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。