スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイットちゃんの生き物講座 ?エルフ

 今回は種族”エルフ”について解説するよ!

Another やまっつぁん小説

 各言う私もエルフなんだけど、エルフって言うのは皆さん知ってのとおり、魔法が得意な種族なのね。

 そう言うだけあって、エルフの中で魔法を使えない人はいないといってもいい、ほぼ100%の人が魔法を使えるんだ。

 もちろん私もね!

 もちろん、エルフの中にも魔法の得意不得意もあるんだよ?


 大体エルフといえば、おとなしいとか、賢いとか、綺麗な顔立ちとかっていろんなイメージがあるだろうけど、エルフにもがさつで不細工なのもいるからね、言っとくけど。

 でも、大抵はイメージどおりの人が多いかな。

 まぁ、私は見た目の面はともかく、性格面はエルフのイメージと違うけどね。


 それで、見た目的な特徴っていったら、長くとがった耳かな。

 あまり日の当たる場所では暮らさないから色が白い人が多いね。

 

 あと、エルフっていったら髪の長いイメージがあると思うけど、そのイメージはかなり正しい。

 魔力って言うのは体のいたるところを流れているから、髪、あと爪にも魔力が溜まっているんだと、エルフのあいだでは信じられていて、爪や髪を伸ばしているエルフは多いね。

 といってもエルフは不潔なのを何より嫌うから、爪の方はほどほどにしか伸ばしてない。

 髪もかなり念入りに手入れをしている人が多い。

 私は冒険のときとかに引っ掛けるとやばいから爪は伸ばしてないけど、髪は伸ばしているし、手入れもできるときはちゃんとしてる。

 冒険中とかだったらなかなか身の回りの手入れはしてらんないんだけど。


 冒険者は汚れるのが仕事みたいなところがあるから、綺麗好きなエルフが冒険者になるって言うのは、ちょっと珍しいかもね。

 つまり、私は結構貴重な存在ってこと!



 それからエルフは外界から遮断された場所、エルフだけの場所で暮らしてることが多いね。

 深い森の奥とか、中には湖の中で暮らしてたりもする。

 そういったエルフはちょっと気難しいのが多いかな。

 でもいい人はいい人で、普通の人間たちが住む街に暮らしている人たちもいる。

 私もそうだったんだけどね。

 

 でも人間と暮らすエルフはあまりいないみたいで、いまだにエルフは珍しがられるところもあるね。

 人間と比べて数も少なめだし。

 でも、エルフの作った街だってあるらしいから、昔よりも数は増えてるみたいだね。

 エルフの冒険者の数も少ないことには変わりはないけど増えていってるし。

 エルフの魔法はだいたい一流だし、冒険者になったエルフは仕事には困らないみたい。

 顔がいいのも多いから、すぐに仲間に入れてもらえるしね。

 こういった面では結構冒険者に向いてる種族といっていいかも。


 あと手先も器用で楽器の演奏や、踊ったり歌うのが得意な人が多いからエルフの旅芸人もそこそこいる。

 エルフの芸は結構評価が高いんだ。

 

 あ、エルフの解説になると熱が入って長くなっちゃったな。

 でも大体くらいで、エルフについての大まかな解説はできたと思う。

 忘れてることとかあったらまたあとから追記することにしよ!

スポンサーサイト

クイットちゃんの生き物講座 ?ジーク

 今回紹介するのはジークってモンスター!

Another やまっつぁん小説

 あ、モンスターっていってもジークってヤツは結構いいやつが多いんだ。

 見たらわかるだろうけど、鯨みたいなヤツで、海の上を移動する乗り物としても使ったりするね。


 おでこに角みたいのが生えてるのがわかると思うけど、その角で、離れた場所にいる仲間とも連絡が取れるっていうのがすごいところだよね。

 乗り物として活動しているジークはその角で港と連絡も取れたりしちゃうんだ。



 そんで大抵のヤツは人間に対して友好的なんだけど、たまに悪いのもいるんだ。

 ジークは肉食だから、悪いジークは容赦なく人食べるから注意!

 

 もしジークと戦うことになったら、魔法で戦ったほうがいいかも。

 

 そんなに硬くはないから剣とか普通の武器でも攻撃はできるんだけど、体力がものすごくあるタフなやつだから、切りつけたりとかいう攻撃だと、怒らせて逆に攻撃が激しくなる可能性があるから注意だね。


 それで魔法で攻撃するときは、わかると思うけど水をぶつけるのはまったく意味ない。

 あと、風とかで切るっていうのは剣で切るのと同じようなもんだから真っ二つにするくらい威力のあるもの意外は使わないほうが無難だね。

 

 だから、水と一緒に凍りつかせるとか、雷でしびれさせるとかいうのが効果的。

 炎も一応効くけど、水場で使うと威力は落ちるからあまりおすすめはできないね。

 


 それで、次に乗り物としてのジークだけど、乗り物として活動するやつは大抵しゃべれる。

 たまに片言しか話せないのとか、ものすごく訛りが激しいのとかいるけどね。

 

 それから野生のも話せるのが多いね。

 ただ、悪いやつ、人間を敵としか見てないやつも話すことができつヤツがいて、たまに冒険者とか商人がそいつらにだまされて食べられるっていう事件もあるから、ジークが大嫌いっていう人もいる。

 でも、大抵はジークっていうのは好かれるモンスターだね。



 それで、複数人用の乗り物として使うときは、鰭の一部を切っちゃうのね。

Another やまっつぁん小説

 そんでその切った鰭の間や、角との間に乗るっていう。


 あ、この鰭は切っても痛くないらしいし、しばらくするとまた鰭はぴらぴら生えてくるから、心配は無用。


 港とかにジーク乗り場っていうのがあるとこが多いし、ちょっとしたクルージングなんかに人気。

 自家用ジークを持ってる人もいるくらいだね。

 自家用ジークとか一人乗り用のは、鰭を切らずに角と鰭との間に乗って、綺麗なジークを乗り回すっていうのが流行かな。


 船もいいけど同じくらいジークも人気ってとこ。 

クイットちゃんの生き物講座 ?人間(ヒュマ)

 はい、今回解説するのは”人間”?。

 ってさぁ、別に解説するまでもないと思うんだけどね。


 でもま、他の種族を紹介するんだったらまずは人間を紹介しとかなきゃ。

Another やまっつぁん小説

 まず人間手いうのはこの世界で一番数の多い種族ね。

 場所によってはヒュマとかって呼ばれることもあるね。

 大体どんなとこでも見かける種族。


 それで一番地味というか、普通っていうか、変わったところのない種族かな。

 耳もとがってないし、瞳孔も丸いし、尻尾もない。

 まぁ、だからほかの種族について解説するときはだいたい人間と比較することになるね。


 魔法を使える人間は全体大体70%くらいで、意外と高め。

 魔法を使える人、使えない人についてはケイの方で解説すると思うからそっち見てね。


 腕力や運動能力も中間的。

 まぁ、バランス方の種族だね。


 特徴っていう特徴があまりないし、説明するまでのこともないと思うから、人間についてはこれくらいで。

 説明のし忘れが会ったら、また今度改めて解説することにしとく。

クイットちゃんの生き物講座 ?妖精

 2回目はちゃんとした講座になりそう!

 今回解説するのは妖精について!

 これは得意分野だから、安心して聞いてて!

Another やまっつぁん小説

 この妖精っていうのはケイも言ってたけど、見た目はかなり精霊に似てるんだ。

 今回イラストで紹介してるのは人型だけど、氷の塊みたいなヤツとか、光の玉みたいなヤツとかいろんなのが妖精にはいる。



 でも、大体どんなヤツもいたずら好きなんだよねぇ。

 人の多いところには姿を現さないんだけど、一人で森の中に入ったりすると、髪を引っ張ったり、小石とかいろんな物を投げたりとかって、何かとちょっかい出してくる。

 人を驚かすのも好きで、暗いところでわざと笑い声を聞かせたり、音を出したりして、怖がらせたり驚かしたりするのなんか大好き。


 一応モンスターとして分類されるんだけど、ほとんど害はないね。


 

 あ、それと、精霊と違うのはほとんどの妖精がしゃべることができないってとこかな。

 中にはちょっとは話すことができるヤツとかもいるんだけど、ほとんどの妖精は笑うか泣くくらいしか声を出さない。

 これは、ただ単に声を出せないっていうのや、話し声が人には聞こえない、わたしたちが使っている言語とは違うから聞くことができないとかって、いろんな説がある。

 でも、実際妖精を捕まえることはなかなかできないから、その辺の詳しいことはわかってないみたいだね。



 後、時たま魔法を使うものすごく強いやつがいるらしいけど、大抵そういうのは争いを好まないタイプだから襲われることはまずないんだって。

 でも、たまに暴走するやつもいるからもしかしたら妖精と戦わないといけないことがあるかも。

 

 もし戦うことになったら、魔法は使わないほうがいいね。

 妖精は魔法について人間より詳しいって言われているし、下手すると魔法を吸収されちゃうかも。


 それで、剣とかの攻撃はちゃんと聞くんだけど、妖精はかなりすばしっこいし、小さいからなかなか攻撃を当てるのは難しいかな。


 一番効果的なのは火を投げつけることだと思う。

 妖精は火を嫌うやつが多いから、火を見たら向こうから逃げ出す。


 ただ見た目が火のヤツ、例えば火山なんかにいる精霊は火を投げると逆効果だから、火が好きそうなやつには水をぶっかけてやるといい。

 そしたらたぶん退治できる。


 ただ妖精に関するデータはさっきも言ったけど少ないから、詳しくは不明。

 まぁ、詳しいことは自分で調べてみそ、って話よ。

クイットちゃんの生き物講座 ?ジャイアントG

 

Another やまっつぁん小説

 何で一回目の解説がこいつなのー!!!!

 誰もこいつのイラストなんて描けるわけないでしょ!

 

 というか、なんでっ・・・!

 あー!!もう!!!

 


 ・・・いや、これは仕事。

 私はプロ。

 ここはきちんと解説をしなければ。

 

 簡単に解説しよう。

 こいつはでかいG 。

 以上。

 それ以上もそれ以下もない。



 ・・・え?Gって何かって?

 そ・・・それを私に答えさせるってわけ?

 そんなの自分で想像してよ!!

 


 ・・・ん?ヒントをくれって?

 そんなの茶色くて、テカテカして、もそもそしたあいつだよ!



 ・・・もそもそって何かって?

 だから、そう言うのは自分で想像しなさいってば!

 私の反応とか見れば大体どんなやつなのかわかるでしょ?

 


 ・・・へ?Gってゴキ・・・

 

 いやあぁぁぁ!!

 


 あんた、それ以上言うと消すよ?!

 なんか魔法をどうにかすればあんた一人くらい消せるよ?!

 


 ・・・うん?解説しろって?

 

 ・・・うげ。

 ・・・いや、まぁ、これは仕事だもの、仕方ない・・・がんばれ、私。

 


 えっとね、こいつは硬いから、剣とかそういう武器の攻撃は効かないんだって。

 一応羽の裏側とか、内側とか足の生えてるとこらへんは攻撃効くらしいけど・・・そこ見たらたぶんトラウマだね。

 


 んで、魔法はそれなりに効くし、火に弱いらしいんだけど、魔法を使おうとすると飛びかかってくるらしいよ。

 だから・・・まぁ、知恵と勇気で何とかしなさいって話だね。

 


 こいつらはお腹すかせてない限りはよってくることはないし、人の多い場所には来ないらしいから、まぁ、遭遇することはあまりないと思う。

 ただ、ダンジョン内のヤツは大抵お腹すかせてるから、もし遭遇したら逃げるのが一番・・・かな?

 まぁ、やつらかなりすばしっこいから逃げるのはたぶん無理だろうけど。



 要はいざとなったら死ぬ気で戦えってことね。

 死ぬ気でぶつかれば・・・たぶん・・・怖くない・・・はず。

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。