スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAINBOW STORY - 100 I do not want to return! -

「フレア! 大丈夫?! 怪我はない?!」
 リリスがこっちに猛ダッシュでやってきた。
 横を見ると砂煙はすっかり落ち着き、すぐそばに倒れているフレアがはっきりと確認できる。


 辺りを確認するとフレア(だったのかな?)がいた周辺は見るも無残に大穴だらけ。
 とことどころ穴に赤いものがついているところを見ると、さっきの男が結構なダメージを負ったことが伺えた。


「フレア!!」
 ブランたちも駆け寄ってきた。
 ブラストさんは部屋の隅に飛んでいってしまっていたフレアの剣を持っている。


 倒れているフレアの元に視線を戻すと、リリスがフレアの背中をゆすった
 すると、いきなりフレアがむくりと顔を上げる。
 急なことに驚き、リリスも含めみんな後ずさった。


 フレアは飛び上がるように起き上がると、辺りを見回す。
「あ、あいつは?! オレンジ頭の! アイルは無事か?!」
「フレア……? さっきのこと覚えてないの……?」
 私は一旦チャイを離し、フレアの元へと近寄った。


「さっき……? 俺、そういえばなんで倒れてたんだ? 俺は……何をやった……?」
「フレア……あのね、さっき……」


「見つけた――――!!」
 リリスが先ほどフレアの身に起きたのであろうことを説明しようとした途端、部屋中に大声が響き渡った。
 小さな男の子のような声……どこかで聞いたような。
 ゆっくりと振り返ってみると、そこにいたのは……緑ポヨだった。


 緑ポヨ、緑色のスライムみたいなそいつは、私がこの世界に来ることになった原因を作った張本人。
 まぁ、私はファンタジーの世界に行ってみたいと長年思ってきたから、夢が叶って嬉しくもあったんだけど、この猫のチャイも一緒に間違って飛ばされてしまい、チャイを助けるまでは気が気じゃなかったんだよね。
 まぁ、チャイのことも忘れてしまうような嬉しい事や楽しいこと、恐怖もあって、あんまり気にしてはあげられなかったっていうのがほんとなんだけどさ。


「こ、こいつ緑だ。青のとそっくりだけど」
 ブラストさんが少しのけぞった。
 そういえば、学校には青ポヨが居座ってたんだっけ。
 青い方のとは学校が襲われたときに出会った。
 今思えば、そう日にちが経ったわけじゃないのに、学校が襲われたのがずっと昔のことのように感じる。
 この世界に来てからの様々な思い出が溢れてきた。


 そうだ、ここで、チャイを無事に元の世界に帰してもらえば、私はこれから心置きなく冒険ができるんだ!
 確か青ポヨの話では、私は勇者に選ばれたとか何とか。
 だったらこの先もこの世界で、いろいろと戦うなり学ぶなりなんなりしなくちゃいけないはず。


「よし! それじゃぁ、帰ろうか!」
 ポヨは満面の笑みを浮かべ私に言い放った。
「え?」
「帰るんだよ。今ちょっといろいろ問題が起きててさ。君は元の世界に返るんだ」
 ポヨは有無を言わさぬ口調でそう言った。


「な、なぁ、どういうことだ? アイルって勇者なんじゃなかったか? 勇者ならここでいろいろとしないといけないんじゃ?」
 立ち上がりベルトに剣を収めながらフレアが言った。


「そうしたいところなんだけど、そうも言ってられない状況なんだ。だから、おとなしく帰ってね」
「や、やだよ! これからようやく本格的に冒険にできるってとこなのに!!」
「帰るったら帰る!」
 ポヨが言うと同時に、私の足元に魔方陣が!


 やだ!
 このまま帰ってたまるもんか!
 私は、すぐ横にいたフレアやリリスたちを押しのけて逃げた。
 が、そこで予想だにしなかった事態が起こる。


「んなっ?!」
 押しのけたフレアが魔方陣の方に倒れこんでしまった!
 何とか体勢を整えようと近くにあったものをフレアがつかもうとする。
 そして、運悪くフレアの手につかまれてしまったのはレイさんのすその長い服。
 急なことで対処できずレイさんも大きくバランスを崩してしまう。


 こうしてフレアとレイさんはそろって魔方陣に突っ込み、彼らはそのまま光に包まれ消えてしまった。
「あ、あれぇ?!」
 それを見て慌てたのは私だけじゃなく、緑ポヨも同じく大慌て。
「あ、あれ?! あっ、ヤバい、あの世界に……!」
 ポヨはなにやらパニックに陥ったようにぶつぶつつぶやくと、その場から消えてしまった。


「え……レイ、さん? フレアッ?!」
 いくら呼びかけても二人の返事は返ってこない。


 私たちは途方にくれてしまった。

>101話へ
プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。