スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼畜と心配性とサポート役 第2章

 島に人が住み始めて数年の月日が流れたころ。
 町は少しずつ活気が満ちてきて、高校もにぎやかになってきた。
 

 だが、困ったことが起きた。
 

 島に来る大多数はやはり不良学生で問題を起こしたものばかり。
 彼らは遊び場所を求め徒党を組み、そしてついに不良グループが誕生してしまった。
 

 彼らは高校の後輩や、能力があまり強くないものを集団で襲い、そのうち何人かが逮捕されるという事件も起こったのだ。
 なので仕方なく、事件の多発していた場所を数人の能力者が監視することにした。
 

 おかげで事件はなくなりはしなかったものの、大幅に減少し、また町には平和な時間が訪れた。
 

 しかし最近息を潜めていた不良グループに新たなリーダーがつき、見張り役の能力者が返り討ちに会うという事件が多発。
 大きな事件が起こる前に何とか手を打たなければ。


               
                                  ? とある調査員の日記より ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。