スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAINBOW STORY - 19 Sprightly zombi -

 しばらくしてブラストがこっちを向く。
 そしてブラストの口が何か言いたげにパクパクと動いた。


(なんだあいつ!! ムリムリ!)
 そう言ったように思えた。
 ムリムリのところでは思いっきり手を振っていたので、俺が思ったことは大体合っているだろう。


 俺たちは何とかブラストに追いつき、どんなモンスターが待ち構えているのか、建物の影から覗いてみた。


 目線の先には奇妙な格好をした髪の長い男に、黒ずくめの少女、そしてフェザー君が立っている!
 男はフェザー君と、フェザー君をかばうように立っている、女の子を襲っているように見えた。
 男はこちらに背を向けているが、体格からして男だというのはわかる。


 そして、奇妙なのはその男の服装、というよりか、服の色合いだった。
 男は水色の髪をしているのだが、どういうわけか、真っ赤な上着にオレンジのマントを羽織っている。
 色がなんともミスマッチ。


 そしてその前に立っている女の子は良く見ると、眼の色がなかった!
 真っ白いその眼は真ん中部分だけが黒く、かなり異様だ。
 そしてその黒い服などからして、どこか神秘的な印象を受ける。
 きっとあの子が占い師のレイという人だろう。


 こうして見ている間に、男は何か喋っている。
 耳をすませば聞こえそうだ。


「さぁ! 二人とも! 僕についてきてくれ! キミ達に合いたいって人がいるのさ! さぁ早く! この僕の罪な美しさのせいでこれ以上犠牲者を出したくない!」
 男はそんな胸糞悪い言葉を発した。
 なんだっけこういうヤツ、確かナルシストだったか?
 男はまさにそれだ。


 顔は見えないが、絶対ろくなヤツじゃねぇ!
 きっとこの状況からして、あの男がモンスターだろう。
 マントに隠れて足の部分が見えない。
 これならゴーストの可能性も十分ある。


「よし、みんな! きっとあいつがモンスターだ! 行くぞ!」
 俺が小さい声でそう言って振り返ると、そこには肩を寄せ合って体操座りをしている3人の姿があった。


 3人は頭や耳を押さえ、ぶるぶると頭を振っている。
「罪な美しさ……? 犠牲者だと?」
 ブラストは頭を抱えてしまった。


 ど、どういうことだ。
 もしや、さっきの言葉に呪いの呪文が!?


「そんな性格のアンデット? い、嫌!!」
 リリスとフラウも同時に俯いてしまう。


「どうした、みんな!? 呪いをかけられたのか!! 許さねぇ!!」
 きっとあいつはゴーストか、死にたてぴちぴちゾンビに違いない!
「テメー覚悟しやがれ!」


「フレア! ちょっ、待て! 呪いじゃなくて、そいつの見た目と言葉が……!」
 俺が物陰から飛び出すと、後ろからブラストの掠れた苦しそうな声が聞こえた。
 待ってろブラスト、今呪いを解いてやるからな!

>20話へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。