スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another fantasy ? 19 ?

 走りに走って、たどり着いたのは港だった。
 そう、言い忘れていたけれどこの町は港町だったのである。


 もう日が沈みかけあたりはほとんど暗くなりかけ、人影もほとんどなかった。
 僕は人がいないのをいいことに思わず海のバカヤローと叫びたくなったけど、叫んでいる間はないのである。


「どうすんのさ!っていうかなんで逃げるんだよ!謝れば許してくれたかもしれないのに!」
「おめーはキトンのこと知らねーから、んなことは言えるんだよ。あいつ頭に血が上ると、正常な判断ができなくなるからな。気ぃ失うまで殴り続けるぞ。」
 リクのため息交じりの物騒な言葉に、僕は再びさーっと血の気が引いた。


「ま、とにかく何とかしねーといけねーってのは、かわんねー。」
 僕はキトンにたこ殴りにされる図を想像して首を振った。
 しかもこうして逃げてしまったんだからあの場にいたフローラにも嫌われただろうし、さらにクイットに知れたら何を言われるかわからない。
 しかも第一の被害者であるブレイズがこれでは黙っちゃいないだろう。
 悲劇が更なる悲劇を呼ぶ!!
 このままじゃ帰ることができないじゃないか!


 僕は頭を抱えしゃがみこんだ。
「おいおい、ケイ、顔上げろよ。とにかくなんか手を打たねーことには・・・な?」
 リクの声の調子が急に柔らかくなった。


 思わず見上げるとにっこりと笑うリクの顔。
「ほれ。」
 そう言ってリクが何かを渡そうと手を差し出し、僕も反射的にリクから何かを受け取ろうと手を差し出した。


 そして、手渡されたのは・・・割れた彫像、それも両方。
「んじゃ、俺はちょっと用事思い出したから。」
 言うが早いかリクは走り去って、どこかへ消えた。


 僕はしばらく状況が飲み込めないままに固まる。
 ・・・これはいったいどういう状況?
 


 ちょっと整理してみよう。
 


 今日はまず洞窟に行って、例のモンスターたちに襲われた。
 その後ビシウスっていう人に助けられ、その後町に帰る。
 
そして、キトンやフローラと出会い、ブレイズとも話した。
 キトンとブレイズはイルダという町の武術大会に参加してそれぞれ天使と悪魔の彫像をもらう。
 そしてリクがそれを両方とも真っ二つに割る。
 両方の場にいた僕は巻き添えを食らった。
 


 そして、逃げてきた僕は、たった今リクにその彫像二つを渡され、リク本人は姿を消してしまう・・・。
 


 つまりは・・・。
 リクだけ逃げた?!
 


 い・・・いやいや、まさかそんなはずはないよ。

 用事を思い出したって言ったっけ?
 な、何のことだろう?
 もしかしたらこの状況を一気に解決する方法を思いついて、それに関係する用事なのかもしれない。
 まぁ、リクの性格を考えれば、その可能性は限りなく低いけど、リクがすべての責任を僕に押し付けて逃げてしまったとはまだ言い切れない。
 


 とにかく、リクは再び帰ってくると信じることにして、まずは僕なりに何か解決方法を考えよう。
 僕はお人よしを売りにしている賢明な小市民だからね。
 とりあえずいい子にしていれば不幸は身に降りかからないはず・・・だ、うん。


                              : 


 まず僕は天使と悪魔二つの像を見比べた。
 どちらの像も同じようなポーズだ。
 悪魔は足元に炎の渦、天使は足元に王冠のような形をした水が象ってある。


 そういえばブレイズが言っていたけど、これは職人さんの手作りで、この世に二つとないっていう話だ。     

 芸術品っていうのは多少はもろいかもしれないけど、武術大会の優勝者のお守りにするくらいのものがこんなにもろく作られているだろうか?
 普通、冒険者のお守り用に作られたものならできるだけ頑丈に作ろうとするはず、簡単に壊れてしまうようなものじゃないはずだ、仮にも武術大会の優勝商品なんだから。
 


 つまり、この像が真っ二つに割れたのは、壊れたわけではないのではないか?
 僕は試しに割れた断面を見てみた。
 よく見るとそれぞれの彫像の半分には細かな穴がいくつか、もう半分にはちょうどその穴にはまりそうな出っ張りがいくつかついている。
 要するに、真っ二つに割れたのは壊れたわけじゃなく、元から半分に割れるようになっていたんだ。
 


 だからこんなにもきれいに二つとも割れてしまったのか。
 僕は二つの像を元通りに引っ付けあわせ一息ついた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。