スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの幻想

「ただいま。」
 すべるように開いたドアの先はすべて真っ白。
 殺風景な部屋の中に置かれた真っ白なベッド、真っ白な機会たち、真っ白な棚。


 真っ白な布団に微かに覗く青白い肌。
(お帰り。疲れたでしょう?ゆっくり休みなさい。)
 頭の中にやさしく響く言葉。
 目の前で弱々しく微笑む顔。
 握った手はほのかに暖かい。


 私は再びその言葉と微笑みと暖かさを胸に焼き付けた。



                                  :



「ルビー。あんたってば、また浮かない顔してる。そんな顔してないで、しばらくはこの町にいられるんだから。今日の仕事だって近場なんでしょ?」
 いきなり目の前に現れた若葉色に私は目を瞬かせた。


 私の前に立って後ろ向きに歩いているのは、私の幼馴染の「ハーブ・アイリア」。
 若葉色の紙に同じ色の瞳。
 水色のローブを着込み、今日もお気に入りの縞々長靴下を履いてる。


「後ろ向きに歩くと、危ないからやめなさい。」
 私の命令口調に少し不満そうな顔をしつつ、彼女は再び横に並んだ。


「そういえば、今日は子供グループのみんなはいなかったね。」
 ハーブの言った子供グループというのは、私が働いている店の二十歳以下の従業員を指す。
 その私が働いているという店の名は「ラムザ」といって、この港町「シアグラード」を守る冒険者たちが所属する組織の本部であり、町の情報が集まるバーでもあった。


 そして、私「ルビー・クラウン」と「ハーブ・アイリア」はそのラムザの一員であり、古株だ。
 いろいろと事情があり、私たちはラムザが立ち上がったばかりのころから雇ってもらっている。
 最初のうちは冒険者ではなく、バーのほうで働いていたのだけど、いつからか冒険者として働くようになった。


 私は精霊魔法を扱い、軽いものなら剣も扱うことができる、言うなれば精霊騎士。
 そしてハーブは水色のローブからわかるとおり、味方を補助する魔法が得意だ。


「クイット元気にしてるかなぁ。あの子の精霊って面白いよね?。」
 クイットというのは私たちに最近新しくできた後輩。
 かわいらしいエルフの女の子だ。


 まぁ、周りの話を聞くと性格に裏表がかなり明確にあるらしいけれど私はかわいらしく礼儀正しい彼女の姿しかほとんど見たことがない。
 まぁ、影で彼女は悪魔使いなんて異名を持っているくらいだから、裏のほうは結構な性格をしているのだろう。


 そしてその彼女も精霊使いで、私を姉貴、と慕っている。
 今日の仕事現場は近場なので、早く帰ることができるはずだ。
 帰ったら彼女の事を聞いてみよう。


「クイットに比べて、ルビーの精霊って精霊っぽくないよね。かわいげがない。」
 精霊には人型と、自然のままの形をしているものがいて、私が呼び出せるのはその後者。
 クイットが呼び出す精霊は人型で会話ができるのだけど、私は自然のままの形なので会話できない。
 それがハーブにとっては“かわいげ”がなく“つまらない”ようだ。


「精霊は精霊でしょう?かわいげがなくても支障はない。」
 私の言葉にハーブは口を尖らせたがそれ以上は何も言ってこなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

前にアンケートでやっていた物語ですね!!ルビー&アイリアに決まったんですね!!おめでとうございます。ルビーたちに一票いれたので嬉しいです。
クイットがこんなところにも出てきている??!ちょっと喜びましたね。こうやってほかの物語の登場人物だとかがちらりと出てきてるのって好きです。

精霊はアイリアの言う通り話せる方が(人型の方が)呼び出せたら楽しそうかなって思います。ただ、人型をしていなくても心で通じ合っているみたいな感じもいいな?と思ったり。

またコメントしに来ます!!

2 ■Re:無題

>かりんさん

 どうもありがとうございます!!
 アンケートへのコメントはすごくうれしかったですよ!
 コメントを励みにがんばる今日この頃です!
 
 私も別の小説のキャラ同士を共演させるのが大好きなんですね。
 こういう違う作品のキャラを共演させるという手はこれからも何度か使っていく予定です。

 それで、私精霊にあこがれる節があるんですね。
 というか、何かすごいものを呼び出すのが好きです。
 何か異空間から呼び出して戦わせるなんてわくわくするじゃないですか!!
 まぁ、私的にも精霊は人型のほうがいいとは思いますけどね、どうせ出すなら両タイプの精霊を登場させたいじゃないですか。
 というわけで、ルビーの精霊の型が決定。

 その場のノリで設定もそれなりに変更しています。
 町の名前はそのとき頭に浮かんだものをそのまま使いましたし、ルビーは精霊魔法だけのはずが、いつの間にか騎士がプラスされてたり・・・。
 意外とキャラたちは好き勝手やってくれちゃってます。
 そういう急な予定変更も小説を書くときの楽しみの一つですね。
 
 まぁ、今後もコメントを楽しみに、話を進めていきたいと思います!
プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。