スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAINBOW STORY - 95 Fierce explosion attack -

「お前、新技に興味はないか?」
「え!!」
 俺は息を呑んだ。
 新技……なんと魅力的な響き!


「ちょ、ブラストどうしたの?」
 リリスが困惑したように言ったがブラストは「とりあえず黙って見ておけ」の一言。
 渋々リリスは黙り込んだ。


「いいか、フレア。お前のパンチは強力だけどな、パンチだと威力が一点に集中して、半端ない爆発が起こるだろ?」
「うん」
「それでだな、そんなでかい爆発起こしたらちょっとやばいかもしれねぇ」
「なんで?」
「さっきブランが一個爆弾使っただろ? あんとき部屋中が揺れたの覚えてるか?」
「おぅ」


「実はな、さっき天井に亀裂が入ってるのを発見した。全体的には小さいけど幅がでかいひびが入ってたんだよもう一回お前の激烈パンチで爆発起こしてみ? ひびが広がって、悪けりゃ天井が落っこちて俺達はグシャ、だ」
「な……!」
「つまり、お前は爆発の威力を弱めないといけない。」
「……うん」
「が、言ってしまえばお前が自分の力をうまくコントロールできるとは思ってない」
「な!!」
「でもな、力を弱める簡単な方法がある。」
「お?」


「手をな、グーじゃなく、パーにしろ」
「……ぬん?」


「グーは一点に力が集中するっていったろ? そしたら狭い範囲で強力な爆発が起こってやばい。でもパーにすれば、炎が広がって広い範囲に弱めの爆発が起こる。せめてこうした方がお部屋に優しいだろう。それに2体いるんだからな、考えて行動しないと」
「なるほど!」


 俺、納得。
 みんなも納得。


「そんじゃ、行ってこい。俺らはここで見守っとくから。爆発に巻き込まれたらたまんねーし」
「よっしゃ、俺に任せとけぃ!」
 というわけで俺は先に氷付けになったゴーレムの前に行った。


 ちらりと振り返るとリリスやブランがこちらを見ている。
 ただ、ブラストとレイさんは何か話をしているように見えた。
 一瞬しか振り返らなかったからよくは分からなかったけど。
 


 ま、あんまり振り返ってばっかりじゃかっこ悪い、早いとこカタつけてやる!
 俺は右手を強く握り魔力を込めた。


「フーレーアー……」
 いつもの掛け声で、ゆっくりと息を吐く。
 すると魔力が火に変わり、右手が揺らめく炎に包まれる。


「パ……ぁ!」
 パーンチ、と言おうとして俺は口をつぐんだ。
 飛び出しかけた手が止まる。


 そうだ、今回はパンチじゃない、パーだ。
 よし、もう一度息を吸い込んで……。
 俺はゴーレムを睨みつけた。


 右手の炎の熱で、うっすら氷が溶けかかっている。
 よっしゃ、最初っから掛け声いくぜ!


「フレアっ……」
 炎の勢いが増し、俺はここで一瞬息を吸う。


「っぱ――――!!」
 俺は思いっきり手を氷の塊に押し付けた!
 途端熱風が吹き出し氷が瞬時に溶ける。


 そして、広い範囲に爆発が起こり、猛烈な風が吹いた。
 ほとんど目も開けられない中、岩が消し飛ぶのが見えた気がする。


 こうして、爆発が収まりほっとしたのも束の間、地面、いや部屋中が大きく揺れ始めた。
 振り返ると、ブラスト達もきょろきょろと天井や壁を見ながら慌てふためいている。


 俺はとりあえずみんなの元へと戻るため、走った。
 走っている間にだんだんと揺れが収まってくる。
 


 みんなの元へと戻ってきた頃には揺れは収まっていたものの、みんなぴりぴりとしていた。
「何で、お前2回も溜めたんだ。パーにした意味ねーだろが!!」
 そんで、ブラストに怒鳴りつけられた。
 え、さっきのやっぱし、やばかったのか?


「ったく」
 ブラストは思いっきり舌打ちすると目を覆った。


「……あ、あれ?」
 そんな時少し離れた所から声が。
「アイル!」
 リリスが駆け寄った先にはきょときょとと辺りを見回すアイルの姿。
 どうやらさっきの爆発と揺れで目が覚めたようだ。


「もう大丈夫? 動ける?」
 リリスが心配そうに聞いたが、アイルは意外とすんなり立ち上がった。
「うん……もう大丈夫、だけど、さっき揺れてなかった? それに氷付けにしたはずのがいないけど……」
 アイルが困惑した顔で聞いてくる。


「あのですねぇ……」
 そこでブランが説明を始めた。
 何かと話が長かったりするところを見ると、どうもブランは話好きなのかもな。


「で、あと一体なんだが、レイさんが何とかしてくれるってさ」
 ブラストが言うとレイさんがこくりと頷いた。
「もうフレアの激烈爆発アタックはしばらくお目にかかりたくない」
 ブラストは冷ややかな目で俺を見る。
 う、何も言い返せない。


「ま、とにかく、レイさん。お願いするよ」
 ブラストがレイさんに頼むとレイさんはゴーレムに向かって、パーにした手を突き出した。


 そして、「潰せ」と一言、レイさんは広げていた手を握った。
 途端ゴーレムを包んでいた黒いもやはゴーレムを潰して消える。


「……怖……」
 リリスの呟きが聞こえた。
 レイさんはあくまで無表情。


「終わった……」
 レイさんが言ったのは事実だけ。
 けれど、レイさんはどっかになんか大事なもんを落っことしてきているような気がした。


「……じゃ、行くぞ」
 ブラストは目に冷たい光を湛えたまま、言った。
 その目の冷たさは俺を非難する時の目とはまた違った冷たさだった気がする。


>96話へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。