スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAINBOW STORY - 97 Is he an adventurer? -

 むっくりと立ち上がったそれはフードを被った人の後姿。
 そして、その人の手元に刃物は戻る。


「だ、誰だ?! お前!」
 フレアは驚いた表情で、叫んだ。
 残念ながら私達には後姿しか見えない。


「男に名乗る名はねぇよ」
 ぶっきらぼうに言ったその声は男。


 そして、その男は被っていたフードを邪魔そうに取る。
 そこから現れたのは鮮やかなオレンジの髪。
 私もオレンジっぽい色だけど、彼は私よりもずっと鮮やかだ。


 そいつは私達の方をちらりと一瞬だけ見て、フレアの元に視線を戻そ……うとしたようだけど、もう一度こちらを見た。
 彼がはっしと見つめる先、そこにはリリス。
 男の顔がどんどん赤くなっていく。


 謎の男はこちらに向き直り、何を考えているのかずんずんと近づいてきた。
 思わずリリスと男から離れる私。
 奴は青みがかかったマントを羽織り、黒に赤の縁取りの上着に薄手の長袖シャツ、そしてジーパンといういでたちだった。
 腰には2本ベルトが締められ、彼の手には、さっき飛んできた刃物が一つの柄に二つくっついたものを握っている。
 彼の武器はいわゆる両刃剣というやつなのだろう。


「僕は、ウェルト・フール。あなたは?」
 最初私達を見た不機嫌な顔とは打って変わって、とてもさわやかな笑顔を浮かべ、リリスに手を差し出す男。


「え、あ、私は……リリス。リリス・ルナリア」
「そうか、リリスさん。いい名前だ」
 リリスと握手をしながらさわやかに笑う彼。
 こうしてみると、意外とかっこいい顔をしている。


「あ、俺はフレアっつーんだけど……」
 恐る恐る、後ろからフレアが話しかけた。
 途端ウェルトという男は不機嫌そうな表情に戻り、すぐに後ろに振り返った。
「野郎に用はねぇっ!!」
 思わずひるむフレア。


「な、何だよ、それ! いきなり現れておいて……!」
 が、フレアも応戦開始。
 みんなどうしたものかといった表情。
 


 ……そうだ、この隙に乗じて、あのダンボールの中身を見てみよう……。
 私はこそこそとダンボールに近づく。
 どうやら誰も私の行動には気づいていないみたいだ。
 
近づくにつれて、ダンボールの揺れをはっきり確認できるようになっていた。
 


 そして、箱にそっと手をふれようとした途端!
「おめでとー!!」
 そんな声がして、何かが箱から飛び出してきた。
 ねこボン……?


「チャイ?!」
 そう、模様とその首輪がチャイのものだった。
 しかし、彼の見た目はデフォルメされた猫みたい。
 要するにモンスター化していた。


「ら……らいむ!」
 らいむ……そうだ!
 私の本名!
 やっぱり目の前にいるのはチャイ!
 私達はひしと抱き合い、再会を喜び合った。


「……って! あんた喋れるの?!」
「うん。ここに着たらいつの間にか体が変になってて、立って歩けるし、喋れるようになってた」
 のんびりと答えるチャイ。
 あぁ、癒されるわぁ。


「あ! でも私これからどうすれば!」と言ったところで私は後ろから視線を感じた。
 見ると全員がこちらを見ていた。
 あ、そうか私こっそり一人で宝のとこに行っちゃったから、ちょっとまずいかも。


 そして、一番最初に動きがあったのはウェルトと言う男。
 にやりと彼は不敵な笑いを浮かべた。


「宝は模様つきねこボンか……こりゃぁいい金になる。逃げてきた先でこんないいもんに出会うたぁな」
「逃げてきた? お前は冒険者じゃないのか?」
「いんや、俺だって証はねぇけどれっきとした冒険者だ。」
「……そーいや、道中魔石がたっぷりついた扉とかあったけど、それは盗らなかったんだな。お前悪そうに見えて意外と常識のあるやつなのか」
 


 そんな感じで普通に会話していたフレアと男だったが、最後のフレアの言葉であんぐりと口をあけたまま固まってしまった。
「魔石たっぷりの……扉だと?」
「あぁ、ここに来る途中にあっただろ?」
「くっそ。ぬ……と……ば、か……に。」
 男はうつむいて悔しそうに何事かつぶやいていたけど、すぐに顔を上げた。


「まぁいい! そのねこボンは俺がいただく!」
 私とチャイにどんどん近づいてくる男。


「や、やめて! これは私の……」
「早いもん勝ちってか? そんなの通用するか! 奪ったもん勝ちだっ!!」 

>98話へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。