スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another fantasy ? 34 ?

「これは皆さんのパワーをエネルギーに変えるものです。さぁ、皆さん、火をイメージして・・・。」
 カッシュは観客たちの前を横切りながら玉を観客たちに見せていく。
 いかがわしそうな顔をしている観客も中にはいたけれど、ほとんどの人が目を閉じたり目線をちょっと上げたりしていた。


 きっとみんな火を頭の中にイメージしているんだろう。
 もちろん僕も頭の中に火をイメージした。
 一体カッシュは何をしようとしているんだろう?と、わくわくしながら。


「では、皆さん火をイメージしたままこの玉を見つめてください。そしてたまに火の魔力を送り込むようなイメージを頭に浮かべてください。」
 カッシュは神妙な顔でそう言いながら玉を頭上に持ち上げた。
 観客たちの目線がカッシュの頭上の玉に集中する。
 だが、まだ何も起こらない。


「皆さんまだまだパワーが足りませんよ・・・!もっと念じてください!」
 少し押し殺したような声でカッシュが言った。
 僕は頭の中の炎の火力を強に切り替える。
 フルパワーだ。
 


 すると、玉の中に赤い煙が現れ始めた。
「すごい!皆さんその調子です!あなたのパワーがおいしいお菓子を作るんですよ!」
 カッシュがあおると、玉の中の煙の勢いが増した。
 本当に僕らの力があの玉の中に入っていってるみたいだ!
 


 そしてどんどんと玉の中の煙は増えていき、最終的には玉は真っ赤に染まった。
「みなさん!もうOKです!皆さんの協力で、とってもおいしいポップカッシュができそうですよー!」
 カッシュがうれしそうに言ってぱちんと指を鳴らすと、機械の3分の1ほどカッシュの実が入った容器の下部分、コンロと呼ばれる場所の一角がぱかっといい音を立てて開いた。


 そこは今まで火の魔法を封じこめた玉を入れていた場所だ。
 僕たちのパワーで本当に火はつくのだろうか、少し不安。
 でも、カッシュは終始笑みを崩さす、玉をコンロに放り込んだ。
 そしてふたを閉める。


「ではこれから僕自身のパワーを送り着火します!皆さん危ないですから少し離れてください。」
 観客たちからざわめきが再び起こり、みんな後ずさりし始めた。


 そしてある程度離れたのを見計らってカッシュは大袈裟に「はー!!」と大きな声を上げ機械に手を突き出す。
 途端コンロの部分から4本の火柱が上がった。


「うわぁあぁあ・・・。」
 僕は何度も見た光景だけど、その迫力に思わず歓声を上げた。
 もちろん始めてみる観客たちはこれには度肝を抜かれたようだ。


「ではこれから木の実を熱していきますよ?。」
 火柱がある程度収まったのを見計らってカッシュが観客たちに声をかける。


 が、声をかけ終わった途端またも火柱が上がり、そのまま火は宙に浮かび留まった。
 いきなりの珍事にまたも観客は歓声を上げる。
 
そう、機械の上まで浮上した火柱は空中で燃え続け、消えないのだ。
 


 そして次の瞬間、4本あった火柱はぐるぐると回転を始め、大きな火の輪ができた。
 ここは前回のショーと同じプログラムだ。
 きっとさっきの力玉というのが新しく加わっただけで、後はきっと大きな変化はないのだろう。


「はい!これが本ショーの名物「幸福の火円」です!」
 そう、これは火炎と火の円をかけた、ちょっと工夫を凝らしたネーミング。
 カッシュはわざわざ、どこから出したのか白いボードにその技名を書き記し、ちょっとした笑いを誘う。


「では、これから幸福の粉を撒きます。熱くないですよ。手に取っていただいても結構です。」
 言うが早いか、円からきらきらと輝く粒が舞い散り始めた。
 観客たちは目の色を変えてその粉を捕まえ始める。


 さすが幸福と言う文字には弱いな、皆さん。
 僕はそんな観客たちの様子をほほえましく見ながら自分も宙に手を差し出した。
 きらりと光る粒は手に乗った途端、雪のように消える。
 そうとは知らず粉を捕まえ続け、どれくらいたまったかと手のひらを広げてがっくり肩を落とす人たちも何人か見られた。


「この粉は浴びるだけで効果がありますよ。ただ捕まえて帰るのはできないんですね?。」
 カッシュはおどけた調子でぺこりと頭を下げる。
 これにはさっきまで肩を落としていた人も笑い出した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。