スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼畜と心配性とサポート役 第4章 13話

 狼の頬に、早也は拳を叩き込んだ。

 その衝撃で、狼の眼窩から最後の目玉が落ちる。

 顔のすぐ傍に落下したそれに息を詰まらせながらも、早也はもう一発を叩きつける。
 


 そして彼の頬を襲ったのは、狼の前足が繰り出した拳。

 毛に覆われているといえど、力は通常の人間のそれと比べ物にならない。
 それをもろに喰らってしまっては、早也の意識もまともに物の輪郭を捉えない。
 


 ここで終わってしまうのだろうか。
 僅か15年とちょっとの年月を経ただけで。
 手放してしまいそうになる視界にしがみつく。

 ああ、でも終わってしまうのだと、視界の端にちらちらと踊る黒い牙で理解した。

「能力なンカ捨てテ、天国で幸せニねェ。」


「それはてめぇのほうだろうが、クソ狼。」


 対空砲でも打ったのかという様な重低音。

 早也の体から重みが一瞬で消え、正常な空気が鼻腔へと滑り込んで逆に噎せる。


 彼の傍に立っていたのは、1人の学生だった。
 まるで悪竜に勝負を挑むかのような、眼鏡の奥の凛とした眼差し。

 1つにまとめられた黒髪が風に揺らめき、群青の瞳は真夏の蒼穹と似ていた。
 


 着ている白い学生服より、その整った顔で早也は誰か分かった。
「み、帝さん…。」
「副生徒会長と呼べ。」
 どこまでも澄んだように見えた彼の口端が、急に上へとひん曲がる。

 彼の背後には、生徒会長、零斗が立っていた。

 その傍には金の毛並みの猫。


「おい零斗、お前は伊家をつれて黒のところに行け。屍相手、一瞬で勝負をつけてやる。」
「わかった。…速瀬、大丈夫か?」
 零斗は早也の傍らにしゃがみこむと、彼の上半身を起こす。


「…は…い。」
「妹が見つかったんだな。よかったな。」
 零斗は屈託のない笑顔を浮かべ、早也を木の幹に寄りかからせる。

 そして立ち上がったとき、彼の黒い瞳は森の先へと向いていた。


「伊家、道案内を頼む!」
「りょーかい!」
 そう返事した猫―――伊家が走り出した。

 そのしなやかな肢体が地面を蹴って森の奥へと進む。

 その後を追う零斗の背中を見送ってから、目玉を失った屍へと帝は向き直った。


「俺のダチが世話になったな。」
「アラら、副生徒会長かァ。」
 凶暴に笑みを顔に刻むもの同士、動いたのは全く別のタイミングだった。
 


 帝が一歩踏み出す。

 あまりにも自然な所作から生まれたのは、時空の歪みだった。

 力を練りこまれた大気が、異常な速度で狼の周りを囲む。


「な…ッ!?」
「この力、強すぎて俺以外には向かないんでね。」
 帝が片腕を広げる。

 大気と大地が極低音で鳴動し、彼の身の回りを音で包んだ。

 早也が驚いた様子で辺りを見回したとき、帝の群青の瞳が、一際美しい光を放つ。


「肉片も、残さねぇよ!」
 帝は身を屈めると、目の前の空中に手を、下から上へと虐袈裟に振り上げる。
 そして聞こえたのは、死体の悲鳴だったのか。
 狼の体には一瞬で深紅の鋭い爪痕が刻まれる。

 その傷口から、まるで爆発するように乾いた音を立てて、屍は灰となって散った。
 灰は雨のように、湿気た地面に降り注ぐ。

 


 それを見送ってから、帝は振り向きざまに指を振る。
 白の肘に巻きついていた糸が、見えない刃で切断された。

 影の紐は零れる砂のように消え、白は地面に倒れる。


「めんどくせぇ事態に巻き込まれやがって……おい凡太。」
「は、はい。」
「白を叩き起こして、妹を連れてさっさと走れ。先生達がそろそろ来るから、森の出口までは全力疾走しろよ。」


 何故分かるのか、と口を開きかけたところで、白が目を覚まし、それから辺りを睨み付けた。
「…いたのか、クソ眼鏡。」
「いたんだよ、エセ不良。」
「周りが騒がしいな。」
 その言葉と同時に、辺りの茂みから呻り声。

 見回せば、先ほどの黒い狼が数十匹ほどいる。

 だがこれは毛並みから尾まで、立体感のない影で作られていた。

 だが草を掻き分けていることから、実体ではあるらしい。
 帝はそれらを鼻で笑う。


「影使いの能力者がいるみたいだな。自分の影を奪われんなよ。」
「わかってら。」
 白は腕を変化させる。

 体力の限界が近いが、ここで倒れるわけにもいかない。
 獣の一匹が、帝へと襲い掛かった。

 それを合図とするかのように、獣は次々に副会長へと襲いかかる。
 


 それでも、帝は冷静だった。

 まず横から襲い掛かってきた最初の狼の頭部に拳を振り下ろし、地面に叩きつける。

 続いて前から走ってくる狼3匹には回し蹴りを叩き込む。

 まるで踊るかのような動きで、帝は森の先へと進んだ。
 


 白はその爪で影を数匹、遠慮なく薙ぎ飛ばした。

 軽々と肩に早也と留美を抱えて、その場から走り出す。

 脇腹が痛んだが、そこに視線を向けている暇はない。
 白は走りながら怒鳴った。


「気をつけろよ、眼鏡! 赤毛がやけに強ぇぞ!」
「ああ、そう。」
 だが、帝は全く興味なさそうに答え、走って奥へと向かう。

 獣が追ってくる気配はない。

 早也たちを追うことに決めたのだろう。
 


 草を掻き分け、帝は森の中央へと走る。
 高い音は相変わらず鳴り響いていた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。