スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーニンと私

 最近私の身に不可思議な事が立て続けに起こった。
 部屋に入れば消したはずの電気がついており、つけたはずのヒーターが消え、机に置いたはずのメモ用紙が消え、代わりに置いた覚えのないファイルが置いてあった。
 このような事が連続して起これば自ずと思い浮かぶのはあれだ。
 そうあれ。
 あまり言いたくはないが言ってしまえば霊である。
 ごーすとである。
 あえてひらがなにしてみた。
 そうすれば少しは可愛らしさというものがでるものである。
 しかしこのようなおちゃらけた事を考えてみても私の不安は消えなかった。
 何となく背後が気になるではないか。
 もしや後ろに何かいらっしゃるんじゃないかと不気味な事を考えてしまう。
 いやいや、そんな事ありはしないさ。
 ポジティブだ。
 ポジティブに考えるのだ、自分。
 ポジティブシンキングである!
 というわけでちょっとポジティブな妄想に耽りたいと思うのだが、その前に一応自分の今の状況を確認しておこう。
 まず私は高校生になる直前、春休み真っ最中である。
 ただ中学を卒業し、高校にも入学していないので、今中3なのかそうでないのか、今学生なのかそうでないのか、よく分からない人物になっていた。
 まぁ、そんな事はどうでもよい。
 問題は宿題である。
 はっきりと言ってしまえば溜まっているのである。
 ついテレビを遅くまで見てしまい、今や日付は変わらんとしていた。
 しかし、まだ夜は長い。
 これからでも遅くない、宿題をしよう!と思っていた矢先の珍事である。
 こんな事が起こってしまえば、私の乾いた妄想の火種にはすぐにでも火がついて最終的には爆発してえらい事になるのだ。
 要するに神経が高ぶって眠れなくなる。
 いかん、それは断じていかん。
 眠れないとなると寝る時間が遅れ、寝る時間が遅れるという事は昼まで寝てしまい、昼まで寝てしまえばまた夜眠れないのだ。
 要するに悪循環である。
 どこかで断ち切らなければこの悪夢のスパイラルは止まらないわけである。
 そしてこのスパイラルは春休みに入って以来ずっと続いていた。
 いい加減止めなければならない。
 断ち切らないとならないのだ。
 しかし、始まってしまった妄想は止まらなかったのである。
 私は意志が弱い。


 まず、一言にごーすとといっても様々な見た目の物が存在するのではなかろうか。
 例えば猫のごーすと、おっさん型のごーすと、イケメン兄ちゃんごーすと等々である。
 しかし猫のごーすととして話が進めば涙溢れる心温まるお話になりそうだが、私は泣ける話は好きではない。
 もしおやじ型ならばと考えると「酒買ってこいやぁぁぁ!」と言ってちゃぶ台を倒すおっさんのビジョンが浮かんだ。
 これは心温まる物語も何もありはしない。
 そもそもうちにはちゃぶ台がない。
 もしかっこいい兄ちゃんなら・・・。
 禁断の恋・・・的なロマンスたっぷりの物語が展開されるかもしれない。
 しかし私に恋愛経験はない。
 そもそもそんなのに恋を落ちればろくな事にならないのは目に見えている。
 しかし私の頭にこんなビジョンが浮かんだ。
 

 

 私はどこぞのビルの屋上に立っている。
 しかもフェンスの外側、目の前には壁も何もなく一歩踏み出せば私は真っ逆様であった。
 落ちればまず助からないだろう。
 頭には霊の・・・いや例の幽霊の姿。
 ここから飛び降りれば私はあの人の元へ行ける。
 私の目から一筋の涙がこぼれた。
 ちなみに私の顔は大幅に美化されている。
 全くどこまでも現実味のないお話、否、妄想だ。
 そして私は一歩踏みだそうとした、そこへ・・・
「やま・・・」
 名前を呼ばれそうになり、振り返ろうとした所で、私はなんとか妄想を振りきった。
 

 

 いかん!
 私にロマンスなぞ似合わないにも程がある。
 これ以上進めばあらぬ方向にいろんな物が飛んでいってしまうに違いない。
 そもそも当に日付は変わっていた。
 早く眠らなければ明日起きる事ができない。
 明日はゴミ捨てに出かけなければならないのだ。
 振り返れば隣の部屋から漏れていた光は消えていた。
 おかんも既に眠りについているようである。
 私は宿題の事なぞ忘れ、急いでベッドにあがり布団へ潜り込んだ 


           :

 おかんに起こされ普段より早く起きることに成功した。
 ゴミ捨てとはこんなにも有意義な事だったのかと感激する。
 早く起きれた事に気をよくした私は早速パソコンに向かった。
 趣味である小説を書くためだ。
 私は中2の頃、イラストを描くようになった事をきっかけに、自分のキャラクターの登場する小説を書き始めたのである。
 しかし最近なんだかぼんやりといろいろ考えている間に数時間経っているのである。
 これは一体どういう事か。
 何故こんなにも時間が経つのは早いのだ。
 ただ構想を頭の中でふわふわさせていただけで何故こうも時間が経つのだ。
 気づけば8時過ぎだった時計も11時にならんとしていた。
 しかしこれは明らかにおかしいのである。
 3時間もぼんやりとしているはずがない。
 私はそんなにも長い間構想を練れるはずがないではないか。
 というか3時間経つ前に1時間ほどで大体のネタがまとまるものである。
 これはおかしい、断じておかしい。
 そこで私は妄想と想像と可能性がいろんな割合で入り交じった考えを思い出した。
 私は意外と哲学的な事を考えたりする。
 といっても哲学なんて勉強した事がないので、哲学とは一体どのようなものなのかも、知らないのだがそれはまぁ置いておく。
 


 私はある時ふと考えた。
 世の中未知の物が多い。
 となればきっと通常でも見えない何かがその辺をふらふらしているに違いないのだ。
 ごーすともそのうちの一つである。
 私はふとある時、もし明日死んでしまったらどうしようと考える事があった。
 もし死んだら将来起こったであろう輝かしい未来へ思いを馳せ、無念に思うに違いない。
 せめて自分が書いている小説一作くらいは完結させたい、そう願うはずである。
 となればごーすととなりその辺をさまよい、良い感じの人を見つければそれとなく自分が考えていた小説の構想やらをどうにかして伝え、そして小説をこの世に生みださんとするであろう。
 つまり私が今思う事というのは、さっき私が思い出した考えのような事を考えているごーすとが実際に存在し、私に乗り移るなりなんなりし、小説の構想を伝えているのではなかろうか、という事である。
 伝えている間は一時的にそれとなく私の意識はなくなり、気づけば時間が経ち、ぼんやりとした頭に小説の構想だけが残っているという仕組みだ。
 まぁ、はっきりと言ってしまえばバカらしい話だろう。
 しかし、全く可能性がゼロとは言い切れないのではないか。
 これくらいの妄想の余地はこの現代にもあってもいいと思うのである。
 そしてこのようなとんでもない妄想も霊・・・いや例のごーすとが自分の存在をしらしめんとする物なのではなかろうか。
 私はうちに秘めていたオカルト魂に火がついたようである。
 しかしどこかで妄想し暴走する自分を冷静に見る自分もいた。
 彼女はなんてバカな事を、と呟きため息をついたことだろう。
 しかし彼女は暴走する分身を止めはしない。
 なぜなら私は溜まった宿題以外やる事のない暇人だったからである。
 どうせ宿題をしようとしても、今世紀最大の眠気、または頭痛に襲われ布団に潜り込むのが関の山だ。
 そして誰にも止められる事をしない暴走する私の妄想は、止めどなく溢れだしていた。
 もしここにごーすとがいるのであれば、体を用意すればそこに入ってくれるのではないかと、考えたのである。
 もしそんなことがあれば、楽しいだの何だのと言う前に呪い殺されでもしてしまえ、と冷静な私はやじるが、暴走機関車は止まらない。
 


 私はつっかけを足に引っかけて、外へ出た。
 足を家の裏、要するに庭の方へと向ける。
 私の家は借りている家なのだが、小さな庭も引っ付いていた。
 その庭は引っ越して来た当初は、蜂の巣が少なくとも2つはある危険極まりない場所であった。
 しかしいつの間にか巣は撤去され、今や草も全て刈られており、木も必要な分だけしか枝を残されておらず、閑散とした全体的に茶色い庭となっている。
 そして私はその庭の数少ない緑には目もくれず、端の方に視線を走らせた。
「あった!」
 私は近所に遠慮して小さめの歓声を上げ、それに駆け寄った。
 それ、というのはこんにゃくボールである。
 こんにゃくボールというのは柔らかくてぽにょぽにょした真っ白いボールの事だ。
 これは小学校の頃、各クラスに何個か置いてあり、私の目の前のそれは見た目・感触共に男子どもが校庭で遊んでいたボールにそっくりであった。
 こんにゃくボールという名前もその男子どもが呼んでいたのを真似ただけで本来の名前は知らない。
 ただその癖になるぷにぷにした触り心地は女子にも人気だった・・・と思う。
 少なくとも私はそのふにゃふにゃした何ともいえない感じが好きであった。
 私の目の前にあるそのボールは小学校にあった物と比べ少し薄汚れている。
 この家にやって来た時庭にちらりと丸いものが見えた丸い物がこれであり、つまり随分長い間放置されているのである。
 まぁ、貰っても良さそうだし私の家の庭にあるもんは私のもんである!
 いただきますと手を合わせ、私はボールをひっ掴んだ。
 まるで食べ物を扱うみたいだなと冷静に突っ込みを入れるもう一人の自分は完全に無視である。 
 ダッシュで玄関へと戻り、台所へと走った。
 そして泥が、おかんが朝食を食べた皿に入らないように洗う。
 表面に泥が付いていた他には特に汚れていなかったようで、多少黄ばんではいたものの、見違えるように綺麗になった。
 これなら普通にボール遊びができそうだ。
 手拭きタオルでざっと拭いてから、試しに床に投げてみるとうまい具合にぽーんと跳ねた。
 おもしろかったので何度かぽんぽんしていたら猫が飛びついてきた。
 いかん、このままでは猫の餌食にされてしまう。
 私は猫の目の煌めきに危機感を覚え、こんにゃくボールを腹に隠すようにして自室へと逃げた。
 猫がつまらなさそうに私を見ていたが、私は部屋に入る際猫に、じゃ!と片手を上げ、ぴしゃりと猫の引っかき後だらけでぼろぼろの障子を閉めた。
 


 が、しかし、私は一つ忘れ物を思い出した。
 こんにゃくボールが転がり落ちないようにそっと机の上に置き、私はそっと障子に隙間を開ける。
 部屋の前に猫の姿はない。
 私はさっと部屋から出た。
 猫は私が障子を開けてやらなくても、自分で開けて入る事ができるのだが、自分の手では猫を部屋に入れたくはなかった。
 今部屋に猫を入れればこんにゃくボールはどこかに消えるか、壊れるかのどちらかである。
 まぁ、こんにゃくボールの丈夫さは小学校の時男子どもがかなり乱暴な扱いをしても傷一つ付いていなかったので、かなりの丈夫さを誇り、猫パンチくらいものともしないとは思うのだが。
 しかし自分の手で猫を部屋に入れてしまう事、それは避けたかった。
 私は障子の隙間から顔を突き出し左右を確認する。
 すると廊下の先に敵発見!!
 私はおもむろに両手を上げ片足も上げた。

「みやあぁあぁぁあぁ!!」
 そして奇声を上げながら猫に向かって私は跳ねた。
 猫は目をまん丸にして、一瞬だけ私を見つめた後、ダッシュで逃げ出した。
「ふっ、俺に勝てるわけねぇだろう、じるーそめ」
 そう、猫の名はじるーそ・・・ではなく、ジルだ。
 おかんの命名である。
 私が名付けたかったのだが、おかんは私の意見なぞ聞き入れてくれなかった。
 まぁ、当時の私はそれが若干ショックだったが、そんな事を忘れるくらいじるーそは可愛かったので、問題はなかった。
 ちなみにじるーそはジルのニックネームである。
 ジルという名前自体ニックネームみたいな物だったが、名前を決められなかった分、ニックネームを作りたかったのだ。
 ちなみに他にじるっそや、おじるなどと呼ばれている。
 まぁ、そんなジルの思い出なぞ今はどうでもよい。


 私の目的地、それは・・・トイレであった。
 といっても私は別に用を足したかったわけではない。
 私の用は別にあった。
 私の欲しい物はトイレットペーパーの芯である。
 トイレの中に足を踏み入れると、なんと丁度トイレットペーパーが切れかけであった。
 私は残りの紙を丁寧に取り、きちんと畳んだ。
 それをそっと置き、私はトイレットペーパーの芯を取り外す。
 きちんと新しい物を取り付け、私は意気揚々と、部屋に帰るべくトイレを出た。


 しかし私の目に入ったのは猫一匹分入れるほどの隙間が空いた私の部屋の障子であった。
 慌てて私が部屋に入ると椅子に乗り机の上に片手を預けもう片方の手を伸ばし、今にもその手の爪でこんにゃくボールを手にかけんとする猫の姿があった。
 私はその状況を認識した瞬間、即行動に移る。
 目を見開き両手を上げ片足を上げ、口を開いた。
「みやあぁぁぁぁ!!」
 猫は目を見開き、私は猫に向かってポーズそのままに再び奇声を上げ跳んだ。 
 猫は慌てて椅子から跳び降り、私の横を走り抜け部屋から逃げ出す。
「めっ!!」
 私は猫が走り去っていった方向に顔を出し怒鳴ると、ぴしゃりと障子を閉めた。
 全く、油断もへったくれもあったもんじゃない。


 私は持ってきた芯を机の上に立て、その上にこんにゃくボールを乗せた。
 するとうまい事芯の穴にボールがぴったりとはまったではないか。
 ふふん、思った通りである。
 私は怪しげな研究者の如き笑みをを浮かべ、次に机の下を覗いた。
 既に猫に対する怒りは欠片もない。

 単純なやつである。

 そして私が覗き込んだ机の下にはほぼ崩壊しているダンボール箱があった。
 箱からはいろんなノートやらがらくたや等がなだれているが、そんなもの気にする私ではない。
 私はその箱の中を漁り、とある紙袋の入り口を発見した。
 その中には小学校の頃、図工で使おうとかき集めたモールやら糸やら貝殻やらが結局使う事なく封印されたものである。
 私はその中を漁り、黒い紐を発見した。
 私はこれを探していたのだ。
 散らかった物を袋に押し込み、崩壊してなだれた物も無理矢理隅に押しやり、私は机の隅にあったセロハンテープを取り出す。
 そして机の引き出しから少し落書きしただけのほとんど真っ白な紙を取り出した。
 その紙を少しちぎり私は小さく丸める。
 丸めたサイズはビー玉くらい。
 それを2つ。
 そしてそれより少し大きく、楕円形の物を2つ作った。
 次に黒い紐を3センチほどの長さに切った物を4本用意し、その先にセロハンテープでひも一本に一つずつ紙の玉を引っ付けた。
 そして残った紙をトイレットペーパーの芯の穴の大きさに切り取り、その紙で芯の穴を片方だけ塞ぐ。
 塞いだ所に大きめの玉が付いた紐を2本付け、芯の左右に残る紐を付け、芯の穴部分にボールを載せた。


 そう、私はボーニンを作っていたのである。
 しかし、ボーニンとは何か、と思う人も多い、というかボーニンを知らない人ほとんどだろう。
 ボーニンというのは私が中学校に入ってから一番最初に作ったキャラクターであり、私が小説を書き始めるきっかけとなったイラストの元もそのボーニンであった。
 ボーニンという名前は後から付けた名前で、当初私は棒人間レベル2と呼んでいた。
 棒人間レベル2という名前と今私が作っていたものからぼんやりと察しが付くかもしれないが、簡単にボーニンの見た目を説明しておこう。
 まず棒人間を思い浮かべて欲しい。
 丸に棒の体と手足が付いたものである。
 その丸部分に顔を描いたりするのもいるが大抵は顔なしで、わらわらとたくさんいるのが常であった。
 なぜ群れるのか、それは一体だとちゃちすぎるからである。
 しかしその分描くのが楽なのである。
 そこで私は考えた。
 当時は人間のイラストが描くことができなかった私だが、猫など小さなキャラクターを描くのは得意であった。
 なのでどうにか棒人間を可愛らしく、一体でも場が持つような物にしたいと考えたのである。
 そこで生まれたのが棒人間レベル2、今でいうボーニンであった。
 簡単に言えばキノコに手足をはやしたような見た目である。
 棒人間の胴体をふっくらとさせ、線だけの腕や足の先に丸をつけたシンプルな作りだが、意外と周りからの評判も良く、顔さえ可愛ければそれなりに場を持たせてくれるいい奴であった。
 後から彼の登場する話をいくつか書き、彼の名前もそのとき決まった。
 ボーニン・ゲンである。
 もう一度言うが彼はいい奴である。
 きっと彼みたいな体を作れば、ごーすとも彼みたいないい性格になるに違いないと、勝手に考えたのである。
 ごーすとはごーすとの性格を持ち、体に左右されないのではないだろうかと考える冷静に考えた私は無視された。
 というか冷静で真面目であったはずの私も既に主人格のあり得ない考えに飲まれつつあるのは本格的に危ない。
 もうストッパーはなくなったと考えるべきである。


 そして私は最後の仕上げにボールへと顔を書き込もう・・・と思ったが、ボールを汚すのは何となく気が引けた。
 するとふと机の上にあった消しゴムのカスが私の目に映った。
 これを丸めて引っ付ければよろしいんじゃなかろうか、と考えたのである。
 私は一心不乱に消しカスをこねくり回し、目用に二つ、口用に細長いのを一つ。
 そして私はボールを手に取り、ドキドキしながらその小汚い消しカスをボールに張り付けていくことにした。
 まず目を一個ずつ張り付け、そして最後に私は細くてもろい口部分の消しカスを震える手で張り付けた。
 そして消しカスをはがれないように、ゆっくりと芯の上にボールを載せた。
 私は希望に輝く瞳で少し薄汚いながらも現実へと現れたボーニンを見つめる。
 彼は張り付いたような笑みを浮かべ・・・実際に張り付けた笑みであったが、彼は私を見返した。
 私も見つめ返す。
 彼もぴくりとも表情を変えず私を見つめ返す。
 私は目力を強めた。
 彼はその私の強ばった表情を柔らかい笑みで包む。
 私はムッとした顔を浮かべ、おまけに握りこぶしまで作った。

 しかし彼はそんなことはおよしなさいとでも言うような微笑を浮かべている。

 思い切って私も笑ってみた。
 すると彼も柔らかな笑みを返してくれるのであった。
 


 まぁ、つまり、変化はないのである。
 ようやくここで私は我に返った。
 そうだそうだ。
 ごーすとなんて存在するはずがないではないか。
 私は一体何を考えていたのだ。
 気づけば既に昼を過ぎている。
 今の時間に気づいた途端腹の方も思い出したように空腹を訴えてきた。
 仕方ない。
 そろそろ昼食にしよう。
 私は机の上にボーニンを放置し、台所へと向かった。


 その後私は白菜をこれでもかと入れたインスタントラーメンをほおばり、とある報道番組を途中まで見た後、そろそろ小説の執筆作業をせねば、ということで部屋に帰ってみた。
 案の定閉じていた部屋の障子は開いている。
 猫が進入した模様。
 既にこんにゃくボールはここから消失してしまったのかしらん、と思いながら私は部屋に入った。
 見える場所に猫の姿はない。
 もう一通り遊び終わった後なのだろうか。
 私は机の上を見た。
 そこにはボールはおろか、ボーニンの胴体も残っていない。
 猫の野郎(正確に言えば猫はメスなので野郎ではないのだが)どんだけハッスルしてんねん、と机の下辺りを見てみたのだが、胴体はなかった。
 椅子の下にもないし、ダンボールからなだれた物をどかしたがそこにもない。
 猫は胴体諸共どこかに転がしていったのだろうか、と考えたが、それだけの大暴れをしたのならさすがに気づくはずである。
 テレビをつけていたとはいえ、私はすぐとなりの部屋にさっきまでいたのだから。
 そうして私が首を傾げていると背中にぽんぽんと何かが触れた。
 一瞬猫かと思ったが、猫はわざわざ私をつつきに来たりしない。
 なぜなら私は猫に舐められているからであり、猫のトイレ掃除以外はほとんど世話をしていないので、あまり懐かれてもいないのである。
 向こうから接触があるなんてまずないのだ。
 私の頬を冷や汗が伝った。
 こんな汗をかいたのは中学校に入って知らない顔の前で自己紹介をしたとき以来である。
 私は少し躊躇したもののそのまま固まっているわけにも行かないので、ぎこちなく振り返った。
 そこには頭のないボーニンの姿―――

「ぎぃやああぁあぁあぁあぁぁあ!!」

       :

 ここで私は目を覚ました。
 呼吸が荒い。
 今まで悪夢といえる悪夢を見たことがなかった私は、とてもショックを受けた。
 まさか私が始めてみた悪夢があの愛すべきボーニンの姿だったなんて!
 私は何度か瞬きを繰り返し、何とか自分を落ち着かせる。
 私は布団の中にいた。
 どうやら今までみていた物はすべて夢だったようだ。
 そしてふと今何時だろうと思い顔を左へと傾けた。
 そこに目覚まし時計がおいてあるのである。
 見ると今なんと午後3時であった。
 しまった、寝すぎだ!と一瞬呼吸が止まる私。
 すると目を見開く私の顔に陰が。
 猫でも来たのだろうか、と顔を上に向けるとそこには、私の顔をのぞき込む、こんにゃくボール。
 


 そのボールには真っ赤なマジックで顔が描かれており、つり上がった口から


「ハジメマシテ」


 という声が響いた。

       :


 その後その家からは断末魔のような叫び声が聞こえ、数日後、その家は空き家になったという。
 それからその家に住む者は次々と消息を絶ち、数年後家は取り壊され、その跡にはぽつんとこんにゃくボールが遊び相手を待つように転がっているそうな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。