スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの幻想 29

 フローラによれば、店で働いたお金をどう使おうか迷っている、と魔法道具店の店長に伝えたところ、貯金の額より若干低いくらいの、かなり高価なものを勧められたそうな。
 その高価なもの、というのが例の双子の魔女の逸品。
 どうにか値切り、幾分か値段を下げてもらったのだが、値切り交渉の際に、店長が少しへそを曲げてしまったそうで、イヤリングについての説明を求めてもほとんど教えてくれなかったらしい。
 教えてくれたのは、イヤリングの使い方と、双子の魔女の名前くらいで、後は使ってみてのお楽しみ、と変な笑いを連発してくるだけだったそうな。


「店長さんによれば、効果は折り紙付きだそうで、使ってみて損はない、とのことでした」
「ちなみに値段は?」
 フロートが険しい表情で聞く。
 


 するとフローラは少し顔を赤らめ、私たちの顔をそれぞれ見た。
 どうもあまり言いたくない値段のようだ。
 フローラの様子を見て、何やら察したのか、フロートはフローラの口に耳を近づけた。
 フローラはそっと耳打ちをする。
 すかさずリクが盗み聞きしようとしたが、クイットにチョップをお見舞いされ、ものの見事に撃沈した。
 


 そして、フローラはようやく何かささやき、それを聞いたフロートの目は大きく見開かれる。
「それはぼったくりだろう!」
 どうも相当な値段だった様子。
 フロートの声が少し上擦っている。
「いや、これでもかなり値切ったんです」
 フロートと比べ、フローラはずいぶんと落ち着いていた。
 さわやかな微笑すら浮かべている。


「フローラ!君は一体どれだけため込んでいるんだ!」
「姉さんにもこれだけは内緒です」
 さらに声を上擦らせるフロートを後目に、フローラは口元に人差し指を当て、軽くウインクした。
 ここに健全な男子がいれば一瞬で恋に落ちるような仕草であった。


 ちなみに唯一の男子であるリクはまだうずくまっている。
 惜しいことをしたな、リクよ。
 まぁ、これも罰のうちである。
 隣ではハーブがウインクの練習をし始めたが、残念ながらおまえのそれはただの不格好な瞬きだ。


「んじゃぁ、このイヤリングの効果は実践で試すとして、そろそろ作戦の実行に移ろうじゃないか」
 フロートがようやく冷静さを取り戻し、号令をかけた。
 さっきまでずっと頭を抱えていたリクものっそり立ち上がる。


「そんじゃ、ハーブ、今度こそよろしく頼む」
「了解!」
 
いつそんなものを買ったのかハーブは鍔の広い真っ黒な魔導士用の三角帽子をかぶっていた。
 その帽子の鍔を引き下げ、彼女は手を眼下の海岸へ向けて突き出す。
 


 すると彼女の左腕に巻き付いていた植物の蔓のようなものがもぞもぞと動きだした。
 私やフロート、フローラは見慣れていたが、クイットとリクがこれをみるのは初めて。
 クイットは手で口で押さえ、リクは「うげ」と一声。
 


 なぜハーブの腕に巻き付いていた蔓が動き出したのか、そもそもなぜ彼女の腕に蔓が巻き付いているのか、それは、その蔓こそ彼女が魔法を扱うときに使用する杖だったからだ。
 魔法を使用する際、人はより魔法を強力なものへするため、効果を広げるため、魔法へ特殊な効能をつけるためなど、様々な理由により、杖を使う。
 ロッドや、ワンドとも呼ばれる代物だ。
 


 私も、とある特殊な杖を持っており、彼女もまた同様に特殊な杖、蔓を使う。
 ハーブの持つ蔓はもちろんそんじょそこらに生えている植物の蔓ではない。
 特殊な植物のもので、その植物は魔力をため込む性質がある。
 なのであらかじめ魔力を蔓にためておけば、いざというとき強力な魔法が使うことができ、余分に放出してしまった魔力の吸収や、敵の発した魔力もある程度吸収できてしまう優れものである。
 これは昔行った冒険で偶然手に入れたものなのだが、入手して以来彼女はずっとそれを杖として使っているのだ。
 


 普段その蔓は彼女の腕に巻き付いている。
 そして魔法を使うときになると今のように動かして、杖の形を取るのだ。
 今回は可愛い後輩クイットの前だからか蔓を比較的ゆっくりと動かしている。
 
普段ならものの3秒もしないうちに変身完了、魔法を発動できるのだ。
 そのあたりはハーブも抜かりはない、しっかりとした魔導士である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。