スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイ君の魔法解説 ?水・氷の精霊

 今回は水の精霊と氷の精霊についてです。


 精霊魔法について解説したとき、精霊には人型と物質型があるといいましたね?
 物質型の精霊の場合、水は氷を兼ねることが多いのですが、人型の場合は水の精霊、氷の精霊と別々に分かれたりします。


 とにかくまず最初に、物質型の水と氷の精霊について解説しましょう。


 この精霊の場合、普段は水の姿をしているのですが、術者の指示によっては氷に姿を変えます。
 といっても氷に変えることのできる水のサイズは、術者の魔力や、術者と精霊の絆などによって左右されるので、水溜り一つを凍らせるのは簡単でも、大きな湖全体を凍らせるとなれば多くの魔力と精霊と
の強い絆が必要となります。

 


 そして水の精霊は液体なら大抵のものを操ることができます。
 なので、文字を書くインクを操ったり、スープを操る事だってできるのです。
 しかもインクやスープを凍らせることも場合によってはできます。
 


 しかし水分がないところでは物質型の精霊はまったく意味を成しません。
 体が水でできているので、水がない場所では現れることができないのです。
 これが欠点といえるでしょう。
 


 氷の姿で現れる場合は近くに水がなくても、空気中にある水蒸気を凍らせることで現れる事ができますが、その場合も水分が少ないのでサイズは小さくなりますし、魔法の規模も小さくなります。
 なので、水分が少ない場所、砂漠や火山などでは水や氷の精霊はほとんど役に立たないといっていいでしょう。


 人型の精霊でもこれは同じことが言えます。
 人型の精霊は魔力そのもので形が形成されているので、水分がなくても現れることはできますが、力は格段に衰えます。
 ついでに機嫌も悪くなるので、水分のない乾燥した場所、暑い場所ではあまり呼び出さない方がいいでしょう。


 そして人型の精霊は水の精霊と氷の精霊別々で存在することが多いようです。


 また水と氷は非常に近い存在なので、兄弟、姉妹のようにセットで操れるようになることが多いそうです。
 水の精霊はおおらか、氷の精霊はクールな性格が多いらしく、女性の姿をもったものが大多数とか。
 しかし、水はかなり重要な物質なので、水や氷の精霊を操ることのできる人は比較的少なく、その精霊が操れる人も、水と氷の精霊しか操る事ができない、というケースが多いそうです。


 ただ極めると人型であれ物質型であれかなり強力です。
 水がない場所でも遠くから水を引き寄せたり、砂漠に雨を降らせたり、水で傷も癒すことができるとか。

 もし精霊使いになり水、氷の精霊を操る力を手に入れたら末永く彼らと付き合っていくことをお勧めします。
 彼らを使えるというのはかなり幸運なことなのですから。
 使い方によっては彼らも底の知れない可能性を秘めています。
 ぜひ欠点を補えるほどの力と絆を手に入れてください。

 まれに両方を兼ねる精霊もいますが、各種能力で性格ががらりと変わり、水を操っていたときは陽気でおしゃべりな性格だったのに、氷の能力を操るようになった瞬間口数が少なくなりクールな性格になる、ということが多いようです。

Another やまっつぁん小説

Another やまっつぁん小説
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。