スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの幻想 55

 魔法で空気を身に纏った私とハーブは、リザードマン達の背中に捕まり、海を泳いだ。
 水中は真っ暗だというのに、彼らはすいすいと泳いでいく。
 彼らはここらを泳ぐ事に慣れているのだろう。
 きっとどこに何があるか分かっているのだ。


 そしてしばし、洞窟のような細長い道を通った後、私たちは不意に外に出た。
 いつ洞窟のような道が終わったのかは分からなかったが、気づけば洞窟の外で、私たちは海面に顔を出す。


 しかし、ここで重大な事を思い出した。
 グルーモを呼ぶのを忘れている。
 こんなどこと知れない海の中、二人でグルーモを待つのは嫌だ。
 あの洞窟の部屋にいたときにグルーモに連絡をすれば・・・。


 いや、そもそも今は真夜中だ、こんな時間に連絡しても果たしてグルーモが気づくかどうか。
 きっと今の時間ジーク乗り場には人がいないだろう。
 いたとしても眠っている頃合いだ。


 そこで私は良い事を考えた。
 メモ帳は使えないが、代わりに精霊に海の水で氷を作り、それで文字を作ってもらえばいいのだ。
 どうもリザードマン達の文字は短い単語で意味が繋がるようである。
 彼らに街まで送っていってもらえないか頼む事にしよう。 


 私はその旨をハーブに伝え、もう一度頭部分に魔法をかけてもらうと、水中に顔を沈めた。
 そして精霊に氷の文字を作ってもらう。
 精霊は私の指示通り、水中の私達より少し離れた所に、氷で作った文字を浮かべ、私達に翻訳した。


 よし、この方法は使えるぞ。
 これなら水中でも会話ができる。
 新たな技を見つけたな!
 密かにほくそ笑む私をよそに話は決まった。


 彼らは快く私達を街まで送ってくれるという。
 さっきまで、操られていたとはいえ、氷漬けにしたり、魔法をぶつけたりしていたというに、彼らはなんといい人たちだろう。
 私たちは何度も彼らに礼を言い、彼らに捕まって、海を泳いだ。


 海面に近い場所で、いくらか星明かりがあったものの、暗い海を泳ぐのは不気味だった。
 しかし、我がままは言っていられない。
 眠くなる頭を降り振り、私は水中を見つめた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。