スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの幻想 最終話

 こうして私はカッシュカッシュでしばし皆と談笑しながら、美味しいおやつを堪能した。


 そしてその後はユナさんの研究所に戻り、早速精霊についての研究を開始。
 暫くは冒険を休み、ユナさんや、彼女の助手の方々と主に研究、そして魔法の鍛錬に没頭するつもりだ。
 ハーブも、めでたくハウリナちゃん教育係に任命され、一緒に魔法やモンスターの勉強に励んでいる。
 ハニーも暫くはカッシュカッシュで働くそうだ。


 そしてあのもやもやもユナさんの働きにより、ラムザの人達と一緒に火山へ旅立っていった。
 ちなみにその時もやもやを連れて行ったのは、あのカッシュカッシュで会ったケイ君や、クイット達らしい。
 きっと彼らなら無事にもやもやを火山へと送り届けてくれるだろう。


 そして、洞窟で見た赤い目をした人物の話をユナさんにした次の日には、街中にお尋ね者として赤い目の人物の張り紙が張られた。
 これでもしこの街の中に赤い目をした人がいれば、取り調べを受けるだろう。
 これで少しはあの洞窟での出来事についての手掛かりが集まればいいと思う。


 そして私はここ数日のいろんな事を報告すべくそこを訪れた。
 相変わらず真っ白な部屋に真っ白な道具類。


 そして真っ白なベッドの上に眠る人物。
 彼女は優しげな瞳で私に問いかけた。


(今度はどんな冒険をしてきたの?)


「えっとね…お母さん」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。