スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another fantasy ? 97 ?

「あの、どこが痛いんですか?言ってくれたらそこを中心に魔法をかけますけど」
 僕は試しにそう声をかけた。
 しかしその人物は変わらず苦しそうに息をするだけで何も返してはくれない。


 話せないほど苦しいのだろうか。
 それとも喉をやられたのか。
 それとも話せない事情があるのか。
 こんな黒ずくめで全身を隠すような格好をしているのだから、何か事情があるのだろう。
 僕は多くを聞かないことにした。


 しかしこれでは、魔法の効果が期待できない。
 僕の使える魔法は一点に集中するのも、広い範囲で効果を発揮するのも両方ともあるけど、範囲ものは効果が下がるし、一点ものは患部に当たらなければ全く意味がない。
 僕がどうしようかと思案しているときだ。
 バリアの気配がした。


(ケイ!あんたが見た景色からいろいろ分析してみたけど、これは希に見る大事件だわ!)
(だ、大事件だぁ?!)
 なんてことだ。
 やっぱりどう見ても普通じゃないとは思ったけど、希にみる大事件とはかなり大変じゃないか!


(とにかく、今はそこの人を助けるのが先ね。あなた感じる?理由はわからないけど、ここ今魔力の密度がすごく高い)
 バリアがそういうので少し神経を集中してみる。
 確かにあっと言う間に魔力をためることができた。
 そういえばさっきも光球を瞬く間に作り出すことができたっけ。
 あのときはせっぱ詰まってたから、魔力についてはほとんど意識してなかったな。


(あんた今まで回復魔法も呪文なしで使ってたんでしょ?あたしがいい呪文教えてあげるからそれ使いなさい、天使直伝よ!)
 彼女が言い、僕は今まで呪文を使った魔法を全く勉強してこなかったことを少し恥ずかしく思いながらもうなずいた。


(とりあえず、そこの人に手をかざして、私が言うとおりに呪文を唱えなさい)
 僕はこくりとうなずき、神経を集中する。


(あら?彼女人間じゃない)
 不意にバリアが言った。
 僕は驚いて思わず手を引っ込める。


(あぁ、モンスターと人間の中間くらいの生き物ね。彼女はきっとあたしたちの味方だよ。まぁ、たぶん使う言語が違うだろうから会話はできないだろうけど)
 バリアは、これだと少し呪文を変えた方がいいかもね、とつぶやいた。


(結局僕はどうすれば?)
(あぁ、あんたはあたしの指示に従ってくれればいい。手をかざして、私の言う呪文を復唱!)
 どうして僕の前に横たわる人が人間じゃないとわかったのかはよくわからないけれど、今は彼女の指示通りに動こう。


 そして彼女は呪文を途切れ途切れに言い始める。
 僕はそれを聞き、ゆっくり間違えないよう復唱した。


「イゴフコルエ ウヨスネツコリフタキンル カゼチウトフテニロジリマネワアイス。」
 相変わらずこの呪文だけだと何を言っているのかさっぱりわからない。
 けれど僕がかざした手には明らかな変化が起こっていた。


 魔法を唱え始めたときから僕の手のひらに光が生まれたのだ。
 僕は今まで自分で魔力をためて、それを傷を治す力へ変える、という時間のかかるやり方をしていたのだけど、呪文を唱えることで僕の魔力はあっと言う間に傷をいやす力へと変貌した。
 さらに今までの魔法であれば手のひらサイズの光を生み出してそれを傷口にあてがうくらいしかできなかったのに、今は光がわっかのように広がって、横たわる人物の全身を包んでいる。


 僕がすごい!と声を上げようとしたけれど、バリアの声がそれを遮った。
 それが、まだ魔法の詠唱は続いていたんだ。


 傷ついた人物の呼吸はもう穏やかになり、すっかり魔法は完成されたと思ったのだけれど。
 僕はもう一度バリアについて復唱する。
「ハキラヤ ツコリアビヲロサ ヌカチアヌ スウノレコガン」


 僕がここまで唱え終わった途端、瞬時に僕の中に呪文を翻訳したと思われる文が脳裏に浮かんだ。
(我が光よ 癒しの力へと変わり 傷ついた人ならざるものを癒せ 光よ 力奪われし肉体に 聖なる加護を)
 そうだ、今まで呪文を聞いたり、唱える度僕の頭にはそれを翻訳したものが現れたっけ。
 これは一体何なんだろう?
 バリアが何も言わないところからすると、呪文を使うものにとってこれは普通のことなのかな。


 ただ僕が深く考える前に、僕の発していた光に変化が起こった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。