スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王討伐隊の記録 キャラ紹介



魔王討伐隊の記録、ようやくキャラ紹介ページがオープン!
いろんな都合で文章は中央ぞろえだぜ!
ちなみにイラストの着色はコピック、めんどくさかったんで、ペン書きはしていないぞ!



榊原 偉良(サカキバラ イラ)

人間ばかりで魔法のない世界から来た青年。
謎の棺桶に桃色の武器を探せ、と言うよく分からない使命を与えられ、異世界に飛ばされる
運動神経はいいほうだが、頭はあまりいいほうではない。
ちなみに読書はそれなりに好きだったらしく、国語は得意だったそうだ。
仕組みはほとんど理解していないが魔力がある場所でならいくらか魔法が使える。
文様はピンク、左腕にある。


Another やまっつぁん小説
メック

人間と、獣人と呼ばれる獣のような見た目の人種がすむ世界に住んでいる猫型の獣人。
彼の住む世界には魔力が存在しているが、その世界に住む人たちは魔法の使い方を知らない。
しかし機械の原動力としては魔力が多く使われている。
魔力を使っているだけあって発展しており、人々は近代的な街で生活している。
街以外は自然がそのまま残っており、モンスターと呼ばれる魔物たちがはびこっている。
メックは学校の長期休暇中、外へでようとしたところオレンジ色の奇妙な生き物に出会い、
オレンジの腕輪を探すよう命じられる。
その後、落ちているもの外洋に光って見えたり、人の会話が目で見えたりと
現実世界がゲーム画面のように見える能力を手に入れた。
文様は左手のひらの肉球にオレンジ色の物がある。

Another やまっつぁん小説
ペンダント

このペンダントの中には多数の魂が封印されているらしい。
そのうちの7つはもともと世界を守るため魔物たちと戦っていた勇者だという。
敵の罠にはまり彼らはその石に封印されてしまったそうだ。
そのうちの一人、とある女戦士は新たに選ばれた戦士たちの眼前に現れている。
彼らの声はレーヌ、そして、ボーニンの相棒、かりきんにしか聞こえない。
ちなみにかりきんはこのペンダントの声を体に宿すことができ、その時だけ魂の姿を見、声を聞くことができる。
文様はペンダントの底に黄色く光るものがあり、彼らは黄色い石を探すよう不思議な棺桶に言われたそうだ。
Another やまっつぁん小説

レーヌ・ウフェルス

彼女も魔法がある世界から来た。
あまり多くを語らず、心もなかなか開かない。
ある日彼女が家の外に出ようとしたところ、いきなり不可思議な空間に出、そこで緑色の奇妙な生き物であった。
その生き物に翠の長靴を捜すよう命じられ、異界に飛ばされる。
槍を使って狩をして暮らしていたので、槍の扱いはうまく、体力も十分にある。
魔物ともしっかりと戦う事がで切るが、猫が苦手だ。
本人もどうしてそこまで猫が苦手なのか分からないようだが、メックとは距離を置いている。
文様は右足のふくらはぎにあり、緑色に光っている。
Another やまっつぁん小説
KMR?0423

本名はもっと違う名前のようだが、本当の名前をなぜか口にすることができない。
異界に飛ばされる前はコードネームで呼ばれていた。
そのKMRというところから、イラにキムラさんと命名される。
元々は普通の人間だったのかもしれないが、かなり改造されているようで、かなり衝撃的な見た目をしている。
青い生き物に青の盾を探すよう命じられた。
文様は青く光る物が首の後ろにある。


Another やまっつぁん小説
ロザンナ・G・リンファクト

謎多き老婆。
魔法の扱いに長けており、動きが遅い所が致命的だが、面々の中で一番強いと思われる。
彼女は自分の事はほとんど語らないため詳しい事は全く分からない。
紫色の生き物に紫の方を探すように命じられている。
紫に光る文様が右足の甲にある。

Another やまっつぁん小説

ボーニン・ゲン

要するに棒人間である。
何もないほとんどまっさらな世界からやってきたらしい。
意外に知識は豊富。
ただ、戦うすべを全く持っておらず、面々の中では最弱である。
彼は相棒にかりきん、という女の子を連れており、彼女の方が彼よりも強い。
赤い生き物に赤い羽根を捜すように命じられた。
背中に赤く光る文様がある。

Another やまっつぁん小説
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。