スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another fantasy ? 142 ?

 もう終わりかと考えた僕だったが、自分の身は予想を遙かに超えて、強運だった。

 不意に僕の体が浮いたのだ。

 空から誰かに抱えられて。



 そういえば、僕の周りには空を飛ぶことができる人がたくさんいるじゃないか。

 バリアや、キルア、それにハーピーたち。



 早鐘のようになる心臓を押さえ、一体誰が僕の身を救ってくれたのかと顔を上げると、そこにあったのは僕が想像した人のうちの誰でもなく、それは左右の目の色が違う男の顔だった。

「ビシウス!」



 そう、今僕を抱えて飛んでいるのは、ラムザに入って初めての仕事で出会った、ビシウスという男だった。

 最初に会った時と変わらぬ服装、背中に生えた大きな羽も始めて見た時と同じ威圧感を放っている。



 クイットも彼の存在に気づきその名前を呼んだ。

 すると僕はすぐに甲板へとおろされ、彼はクイットの元へと飛んでいく。

 そうだった。



 彼とクイットの関係について詳しいことは知らないが、何か特別な関係のようだ。

 きっと昔からの知り合いなのだろう。

 ビシウスはほとんど何も話さないし、そもそも気づいたらいなくなっている。

 彼から話を聞くことはできないだろう。



 かといってクイットもあまり多くを語りたがらない。

 そういえばすっかり話を聞きそびれていたけど、リクが言うにはキトンも何かビシウスと関係があるらしい。

 しかし今はそんなことを聞ける状況じゃなかった。



 そう、今僕の目の前にはオクトが立ちはだかっているのだ。

 体の半分ほどを船に乗り上げ、僕や、他の人々を狙うようにふらふらと足を動かしている。

 僕は今ろくに剣を扱うことができない身なので、数歩後ずさり、オクトから距離をとった。



「ケイ!」

 そんなとき再び上から声がした。

 見上げると、真っ黒な瞳が目の前にあった。

 クレディーが屋根の上から身を乗り出しているのだ。



 僕が思わず身を縮めると、彼女は華麗に一回転し、僕の横におり立った。

 ずいぶんと運動神経が良いようだ。



「あんたその様子だと腕怪我してるんだな。剣は使えないってことだろ?」

 オクトの様子をうかがいつつも、彼女は僕をじろじろと見た。

 僕は、少ししどろもどろに返事を返す。



「そうか、なら、がんがん魔法で戦ってもらおうじゃないか。だが、さっき空の穴が塞がったからか、魔力の密度がどんどん下がってきてる。早いとこ片した方が身のためだな」

 クレディーはそう言うと、オクトの方に視線を向けた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。