スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼畜と心配性とサポート役 Prologue

 20××年。
 突如人間の中の一部に特殊な力を持った人々が現れた。
 政府はそれを危険因子とみなし、隔離・研究するための半島を開発した。
 政府は保護するという名目で、特殊能力者を島へと送り込んだ。


 年々、能力者は増えていったが、全体の人口と比べればまだ少なく、島にはまだ余裕があるので、能力者は見つかりしだい島に送られていくのだろう。


 島には生活に必要な施設は整えられており、学校も一応ある。
 が、資金が足りないため、まだ高校しか建っていない。
 なので、中学生以下の能力者は、島に送られてくることはない(今のところは・・・だが)。


 島は広大で、前に述べたように、資金が足りないため、未発掘の場所が多い。
 これからは開発より調査の方を優先しようと思っている。
 私はこれからその調査に向かう。




 (ここでこの日記は終わっている・・・)
                    ?とある調査員の日記よりー





 その日記が書かれた10年後。
 ほかに類を見ない強大な力を持った3人が島にやってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。