スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anotehr fantasy - 163 -

「また何か考え込んでる?」
 僕がまたうつむいてしまっていると、クイットに肩をつつかれた。
 どうも僕は考えごとを始めるとうつむいてしまうらしい。
 これでは僕が考えごとをしているかどうかすぐに分かってしまうな。 


「あぁ、海を移動できるような魔法とか方法が、ちゃんと見つかるかな、と思って」
 それから、ビシウスについてのことも、僕の頭の中ではまだ引っかかったままだ。
 クイットはきっと、ビシウスが一般的に悪魔と呼ばれている生き物だということを知らないだろう。
 これは言うべきなんだろうか。
 僕が苦笑いで場をごまかしながら考えているとバリアが口を挟んだ。


(あ、言わない方がいいかも! 見た目的には悪魔の特徴と一致してるけど、私の知らない種族もいるだろうからさ。もしかするとただ珍しい種族だっただけ、とかいうのもあるかもしんないし)
 なるほど、確かに世の中にはびっくりするほどたくさんの種族がいる。
 僕らみたいな普通の人間、それからクイットみたいなエルフや、キトンやブレイズみたいな、ヴィクマー族とか、もっとほかにもいろんな種族がいる。
 全部で一体いくらいるのか分からないけれど、すべて把握している人なんていないんじゃないか。
 そういう人がいたにしても、ほんの数人だろう。


 僕がぼんやりまた考えごとをしている横では、マオ君、ひのたん、クイットが3人で楽しげに話をしていた。
 彼らの話を聞くともなしに聞きながら、歩いていると、徐々に巨木が近づき、それにつれ道がだんだんと開けていく。
 細々と出ていた木の根っこも減っていき、大きな根が時折でこぼこを作っているだけになった。
 地面をみる必要がなくなり、顔を上げると、思ったよりずっと近くに巨木が迫っている。
 僕は思わず木を見上げた。
 クイット達も僕につられて、木を見上げた、ような気配がした。


 クイット達が一旦足を止めたので、僕も立ち止まったまま木を見る。
 巨木はこれまで見たものの中で何より大きく、存在感があった。
 どれだけの時間をかけて大きくなったんだろう。
 人々が生まれるその前からこの木はあって、世界を見守っていたんじゃないか、そんな気がした。


 木からはたくさんの枝が伸び、そのいくつかに小さな家のようなものが見える。
 確かそれらが原住民達の家だ。
 あと、地面の近く、根の間にできた空洞にも原住民達が暮らしているとか。


「早く行ってみよう!」
 クイットが巨木へ向かって手を振り、駆けだしていく。
 その後をひのたんとマオ君がついていった。
 僕も遅れまいとその後に続く。


 原住民達の姿はなく、僕らはすぐさま、巨木の前へ着いた。
 メイルの家で見た情報によれば、本来なら誰かしらここにいるらしいのだが、なぜか今は何の気配もない。
 さきほどの女の子の件で警戒されているんだろうか。


「ね、触ってもいいのかな?」
 クイットがより一層木に近づきながら僕を見た。 
 僕は首を傾げる。
 それから、僕は何となく頭上を見上げた。
 頭上は巨木の枝や葉に覆われ、所々隙間から暖かな日差しが指している。
 この景色を見ながら、日の光を浴びていると、なんだかすごく癒される気がした。
 船の上では気分が暗くなったり、体の調子がおかしくなったりしたけど、ここにいると、そんな体の内側も光に照らされていくような感じがする。


「どうしたらいいんだろう?」
 僕は話を聞こうと思っていた原住民が全く姿を現さないので、戸惑いながら、一歩木へと歩み寄った。
 巨木には手をのばせば届く距離だ。
 しかし、この木には勝手に触れてはいけないような気がする。

Another fantasy - 162 -

(典型的悪魔ってどういうこと?)
 僕が聞くと、バリアはあー、とか、うー、とか少し唸った後、話し始めた。
(この世界じゃ知っててもあまり意味がないような気がしなくもないんだけど、船でのことがあったしね)とかなんとかぐずぐず言っている。
 バリアにしては珍しく歯切れが悪い。
 しかし、彼女をあんまりせかして機嫌を悪くしてはいけない。
 ここは話してくれるのを辛抱強く待とう。


(あのね、船を襲った悪魔もそうだし、キルアもなんだけど、悪魔って、まず、背中に羽が生えてんのね)
 一般的にコウモリのような羽のような形らしい。
 その形に次に多いのは、黒い鳥の羽形。


(それで、悪魔系の奴はみんな、目が赤いんだ。これが悪魔を見分けるポイントかな? っても、目の色は魔法で変えられるし、片目だけが赤い奴もいるしまちまちなんだけど)
 バリア曰く、悪魔にはいろんな形のものがいて、等級のようなものもあるとか。
 つまり、悪魔に弱いのもいれば強いのもいる。
 話せば長くなるそうだからあまり詳しいことは聞かなかったけど。


(それで、さっきの子は羽といい、赤い目といい、どうみても悪魔だね。あと、ビシウスってやつもさ、背中の羽と、目からして、悪魔になるんじゃないかな)
 バリアの言うとおり、確かにビシウスの背中には羽が生えていたし、彼の目は青と赤だった。


 でも、今まで、ビシウスが悪魔っぽいとは思っていたけれど、本当に悪魔だったなんて。
 かと言ったって、キルアみたいに悪者じゃない悪魔もいるわけで、ビシウスは数少ない良い悪魔なんじゃ?
(そうね、詳しいことはわかんないけどさ、彼はきっと悪い奴じゃない。彼の過去とかが気になるところではあるけど)


 ビシウスの過去、か。
 クイットとはどれくらいのつき合いになるんだろう。
 昔から一緒にいるとかいう話を聞いたけど、昔ってどれくらいの時間?
 でも、クイットがさっきの女の子に、ビシウスを知っているどうか聞いていたところをみると、クイットとビシウスはお互い誰か知り合いが作れるくらいの、ちゃんと物心ついた後に出会って、人間関係なんかを含む、出会う前のことは知らない、そうとれるんじゃないだろうか。
 要するに生まれた頃からのつき合い、とかそんなんじゃなさそう。
 ある程度成長してから彼らは出会ったんだろう。
 といったって、どんなに考えたところで推測の域を出ないんだけど。


「ねぇ、ケイ」
 ビシウスとクイットの出会いについて考えていると、不意にクイットに話しかけられた。
 突然だったから思い切りびくりと体がふるえる。
「どしたの? そんなに驚いてさ?」
 いったい何考えてたんだよ? といいたげな、顔で目を細める。
 ま、ケイの考えごとはいつものことだからね、と彼女は表情を元に戻し、前方を指さした。


「ねぇ、もう木の幹が見えるよ!」
 クイットの指の先、道のずっと先を見ると、茶色いごつごつしたものが木々の間に少しだけ見える。
 上を見上げれば、いつの間にか巨大な木から伸びた枝が僕らの頭上を覆おうとしていた。
 さっきまで木の根っこなんかにつまづかないよう、足元を見ながら歩いていたから、全然気がつかなかった。
 いつの間にか巨木のすぐ近くまできていたんだ。


「もうすぐだな!」
 ひのたんがどこか嬉しそうにいう。
 彼が一番先を急いでるんだもんな。
 いろんな邪魔が入ったりはしたけど、ちゃんと先に進んでいけることが嬉しいのだろう。


 といったって、巨木の下について、すべて思い通りにいくかどうかは分からない。
 原住民達も一度は姿を見せたけれど、奇妙なあの女の子が起こしたらしい風に吹き飛ばされて以来、姿を見せない。
 もしかしたらさっきの風は僕たちが起こしたのだと思われて、魔法を教えてもらおうにも、追い返されるだけになってしまうかも。

Another fantasy - 161 -

 森の中は大変なことになってしまい、姿を現した原住民達も今はどこかに行ってしまったが、ともかく、目的の森の中心の巨木へと向かうことにしよう。
「いこうか」と僕はみんなに声をかけ、再び歩き始めた。


「なんかそわそわするっす」
 僕らが再び前に進み始めたところで、マオ君が独り言のような小さい声を出した。
「そわそわ? また近くに何かいるの?」
「いや、モンスターとかそういうのが近くにいるってんじゃないんすよ。もっと違う何かが近くにあるような」
 僕が聞くとマオ君はもごもごとそう言った。


 いる、じゃなくて、ある、か。
 何か気になるが、モンスターじゃないようだし、まるで生き物じゃないような言い方からすると、さし当たっての危険はないようだ。
「まぁ、気にしないでくださいよ。危険そうなものじゃないんで」
 マオ君はいくらか軽い調子で言った。
 なら大丈夫だと信じておこう。 


 そこで僕らの間から会話はなくなった。
 さっきの戦闘での疲れもあり、あまりおしゃべりをするような気分じゃなかった。
 しかし、口が動かない分頭の中はよく動く。


 まず、僕が考えたのは、先ほどの奇妙な女の子のことだ。
 クイットの言うようにどことなくビシウスと雰囲気が似ている。


 そして、彼女が現れる前に吹いた突風。
 あれは自然なものではない、と言うことは、彼女が起こしたものだ。
 彼女の背中には左右形の違う大きな羽が生えていて、その羽で空を飛ぶ。
 飛び上がるときにも強烈な風が吹いたがその風は、彼女が現れたとき襲ってきたものよりは、かなり規模の小さなものだった。
 彼女が出没したときの風は周りの木々をなぎ倒すほどの破壊力があり、僕が思うにそれは彼女が魔法で出したものなのではないか。
 あれだけの力の風を起こすとなると、相当な魔力が必要になるだろう。
 実際マオ君にかばってもらわなかったら僕らは吹き飛ばされ大怪我を負っていた。
 運が悪ければ気の枝に刺さったりして死んでいたかもしれないのだ。
 だから、彼女は相当な魔力の持ち主、そして、僕らを攻撃するつもりでいた、ということだろう。


(あんた、暇になるとすぐいろいろと考え込むよね)
 いきなりバリアの声が僕の思考の中に割って入った。
(そりゃさ、こんなよく分からないことがあったら誰でも考え込んじゃうでしょ?)
 最近僕の身の回りでは一筋縄ではいかないことばかりだ。
 いつも複雑でよく分からない。
 今回のことだってなぜあの女の子は僕らを襲ったのかちっとも分からなかった。
 結局特に危害は加えられなかったからいいんだけど、彼女の目的がなんだったのか気になる。
 もし、彼女が何らかの目的があって僕らの前に現れたのなら、さっき彼女が目的を達成したような様子はないことだし、また僕らの前に現れるんじゃないだろうか。


(確かにねぇ。あの様子じゃ、またなんかしにくるね、奴は)
 バリアも僕の考えに賛同した。
 彼女は僕の記憶についてや、心の中のことについては自分のものと同じように、手に取るように分かってしまうようだ。
 今では勝手に考えごとに意見を言われてもすっかり慣れて、普通に意見交換したりしている。


 ぼくは、やっぱそう思うよね、と返事を返した後、ふと思いついて、もう一度バリアに話しかける。
(そういえば、さっきの子悪魔に似てたけど、バリアのいたところにあんな人いなかったの?)
 バリア、そしてキルアは僕らとは違うところで生活していたという話だ。
 違うところというのがどういったところなのかはよく分からないが、世界が違う、というのが一番しっくりくるかもしれない。


(そ、そーね。確かに悪魔みたいだった。典型的な悪魔の見た目かな)
 典型的な悪魔?
 やはりバリアは僕が知らないような情報を持っているようだ。
 僕が質問するまで教えてくれなかったのは何か理由があるんだろうか。
 心なしか答える声が慌てている風に聞こえたし。


 こういうとき、バリアはずるいな、と思う。
 僕の心の中とか、あまり見せたくないところがバリアには全部見えてるのに、僕の方からじゃ、バリアやキルアのことは、向こうが話してくれない限り何にも分からない。
 しかし、そんなことは今に始まったことじゃない、とりあえず今聞くべきは、悪魔についてのことだ。

Another fantasy - 160 -

 僕らの前に現れた少女の肌は真っ黒、胸元など極一部だけ白い布で隠し、ほとんど裸同然の姿をしている。
 黒い肌の所々には稲妻のような紫色の模様が入り、その背中にはこちらから見て、左側に鳥のような真っ黒な羽、もう片方にはコウモリのものに似た、黒と赤の羽が生えている。
 先だけ紫色の白い髪に、真っ赤な瞳。
 どう見ても人間ではなく、背中の羽からして、僕には彼女が悪魔のように見えた。


「あなたは誰?」
 クイットが恐る恐るといったように声を出したが、彼女は無言のままだった。
 今の破壊的な突風は彼女が出したものだろうか。
 だとしたら、何が目的で今のような風を起こし、そして、僕らの前に現れたのだろう。


 僕の隣に浮かぶマオ君を見てみたが、彼は警戒しているようで、固まったままほとんど動きがない。
 クイットの近くに浮かぶひのたんの方を見てみたけれど、ひのたんは怖そうにクイットの背に隠れてしまっていた。


「ビシウスに、似てる」
 ひのたんからクイットに視線を移すと、唐突に彼女はそう言った。
 女の子に視線を戻して、改めてその様子を見てみる。


 言われてみると、羽とか、目つきとか、何となくビシウスと似ているような気がしなくもない。
 悪魔のような見た目という点からすれば、もしかして、彼女とビシウスは同じ種族とか、同じ種族じゃなかったにしても種族間で何かつながりがあるかも。
 それにしても、僕は思いきり視線を外し、全く違う方向を見ていたというのに、少女は僕らに対して何もしてこようとはしなかった。


「あなた、名前は? ビシウスって人知ってる?」
 再びクイットが口を開く。
 攻撃をしてこないところをみると、もしかすると彼女は敵ではないのかもしれない。
 だから、クイットはそんな質問をしたのかも。


 しかし、目の前の少女はことごとく無反応だった。
 ただ、じっと僕の顔を見つめている。
 もしかして僕に用があるのか。
 もしくは僕の中の何かに用があるのかも。


 しかし、そんな彼女が突然、はじかれたように空を見上げた。
 つられて空を見ると、ビシウスが猛スピードでこちらに飛んでくるのが見えた。
 少女へと視線を戻すと、彼女は少し目を細めたかと思うと、次の瞬間には大きく目を見開いている。
 ビシウスを認識した途端、彼女の表情が変わったのだ。
 再び空をみれば、すぐ間近にビシウスは迫っており、クイットのそばに着陸した。
 今まで見た限りではいつも表情のなかった彼の顔だが、今は険しい表情を浮かべている。


 しかし、彼がおりたった途端、少女の方はというと大きく羽を広げ、猛烈な風を巻き起こしながら飛び立ってしまう。
 ビシウスもクイットに何か話しかけるでもなく、そんな彼女を追って飛び立ってしまった。
「な、なんだったの?」
 風で乱れた髪を直しながらクイットがつぶやいた。
 確かにさっきの彼女は何を思って僕らの前に姿を現したのだろう。
 ビシウスを見た途端、落ち着きを失ったように見えたが、実際彼女が何を思っていたのかは彼女自身にしかわからない。

「ともかく、危機は去ったわけだ」
 マオ君が肩をすくめるようなポーズをしつつ言う。
 彼はこのポーズが癖のようだ。


「そう、だな」
 僕が呟くと、ひのたんもようやくクイットの影からでて、空を見上げた。 

Another fantasy - 159 -

2011年02月13日21時18分50秒_001

「わぁ、なんだこいつら?!」
 ひのたんが大声を上げる。
 小さな人々は確か、メイルに見せてもらった冊子の人々と同じ見た目をしている。 
 つまりは彼らがこの島の原住民だろう。
 そして、今の風はきっと彼らが起こしたものだ。
 木々の炎を消し、ラメロを追い払うために。


「原住民達、だね」
 クイットが神妙な面もちで言った。
 いつの間にかマオ君が僕の横に浮かび、彼も木の上に立つ人々を見ていた。


(こんな種族もいんだねぇ)
 バリアがしみじみとした様子で言う。


 このように僕らが注目する中、小さな彼らは、仲間内でいくらか目配せをした。
 彼らは一体僕たちをどうしようというんだろう?
 僕たち人間に対して有効的ではあるらしいけど、僕らはラメロを興奮させて、森に火をつけてしまった。
 あまり被害は大きくなかったが、森に住んでいるんだろう彼らは怒っているのでは。


 そんなことを考えていると、原住民達がぴょんぴょんと木の上から降りてきた。
 歩いてこちらに近づいてくる。
 彼らの顔には小さな目と口しかない。
 口の周りにも赤い部分はなく、顔は黄色っぽい色をした肌で、体全面その色だ。
 胴に布を巻いただけのような服装で、各自いろんな淡い色の布を身につけている。


 そんな彼らはにこやかな表情だ。
 敵意はないようで、僕はほっとした。


 そして、先頭を歩いてきた一人が口を開きかけたそのときだ。
 再び、突然突風が吹き抜けた。
 そう思うとまた違う方向から強烈な風。
 さきほど、原住民達が起こした風とは、比べものにならないほど強い風で、僕は吹き飛ばされそうになったが、不意に風がやんだ。


 反射的に閉じていた目を開ければ、ごうごうという風の音はそのままで、僕らの周りだけ風が吹いていない。
 原住民達の姿は見えず、僕らの周囲は薄い紫に光る膜で包まれていた。
 クイット、ひのたん、僕、そして淡い紫に光るマオ君の姿がある。
 どうやらマオ君が魔法を使い、僕らを風や飛んでくるものから守ってくれているようだ。


「師匠、やばい予感がします」
 マオ君がきょろきょろと動きながら言う。
「さっきの小さい人たちは?」
 クイットが聞くと、マオ君は肩をすくめるように体を持ち上げた。
「どうも、吹き飛ばされちまったみたいで」
 なんとも軽い物言いだが、僕は心配になった。
 先ほどの彼らはとても有効的そうだった。


 しかし、今度は謎の突風だ。
 今度こそ彼らは僕らのことを悪く思うんじゃないだろうか。
 膜の外を見れば、すごい勢いで緑の葉が舞い、時折メキメキとかいう大きな音がする。
 辺りは砂やら葉っぱやらが飛び交っていて、何がなんだかわからないが、どこかで木が倒れているらしい。


「なんなの?これ!」
 クイットが地団太を踏むように足踏みをする。
 僕も急にいろんなことが立て続けに起こり、どっと疲れが出てきていた。
 そうじゃなくても、今まで長いこと草原を歩いてきていたんだ。
 足が疲れて、そろそろ休みたいと思っていた。


「来る」
 僕がしゃがみ込んでしまおうと思ったとき。
 マオ君が低い声で言った。
 僕は下ろしかけた腰を止め、辺りをきょろきょろと見渡す。


 今まで狂ったように飛び回っていたものが全て、瞬時に動きを止めた。
 ぱさりと葉っぱやその他いろんなものが地面に落ち、砂煙が辺りに広がっていく。


 先ほどまで、森の中だった場所は、木々がなぎ倒され、荒れ放題だった。
 ここら一体だけ、急に竜巻でも発生したみたいだ。
 少し遠くには、何事もなかったかのように静かな、森が広がっている。


 そして、砂煙が引いていく中、葉っぱや折れた木々の枝などが散らばる荒れ地の真ん中に誰かが立っているのに気づいた。
 その人物はとても異様な見た目をした少女。


「悪魔?」
 僕は思わずつぶやいた。

2011年02月13日21時18分47秒
プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。