スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another fantasy - 165 -

「あの、魔法を教えてもらおうと思ってきたんですけど」
 僕はわいわいと話しかけてきてくれる声を遮り、大きな声を出した。
「あぁ、OKOKなノ! そこの女の子はもうOKなノ!」
 最初に僕の前に現れた人が言った。
 女の子は、ということだが、僕は、どうなのだろう。


「あの、僕は?」
 僕が自分の顔を指さすと、ノムは深くうなずいた。
「それじゃ、久々にやるノ」
 彼が言うと同時に、僕らを取り巻いていた人々が離れていき、ノムと、ほかに4人の人物が残った。
 彼らはメイルの家で見たものの知識と併せて考えると、ナム、ニム、ネム、ヌムそれぞれの名字を持つ人のようだ。
 つまりノムを含めた彼らは5家族の代表、ということだろう。


「それじゃ、審査をするノ。手を出すノ」
 ノムが僕の前に歩み寄り、小さな手を伸ばした。
 また、ひのたんの前や、マオ君にも4人のうち一人ずつ近寄り、同じように手を差し出す。
 握手、のようなものだろうか。
 審査をする、という言葉が気になったが、周りの原住民たちがじっと見つめているので、あまりもたもたしていると恥ずかしい。


 僕は、ゆっくりと小さな手に自分の手を伸ばした。
 ちらりと、一人既に審査をパスしたクイットを見ると、そわそわした様子で僕らを見ていた。
 僕が思うに審査というのも、ただこの原住民が手に触れるだけ、だと思う。
 きっと、クイットだけ先にOKをもらえたのは、最初ノムが現れたときに、彼女の手に触れたからだ。


 僕は、ノムと、握手をした。
 柔らかい手だなぁ、とか思っていると、ノムはなんだか難しい表情を浮かべる。
 何かよくないことでもあるのだろうか。
 確かに僕はいろいろとため込んでいたりするけど。


「あ~、おほん」
 そんなとき僕の横から咳払いが聞こえた。
 見ると、マオ君を見ていた原住民、きっとナムという名字の人だろう。
 彼はなにやらノムと同じく難しい表情をしている。
 その横のひのたんを見ていた背の高い原住民、ニムという名字だろう彼も困ったような顔をしていた。


「君は、遠慮しておいた方がいいナ。きっと君にはここで覚えられる魔法が必要ないナ」
 ナムはマオ君にそう告げた。
 てっきり僕はマオ君が「なんで俺はだめなんだ!」とかいう風に怒るんじゃないかと思ったけど、予想に反して彼の反応はあっさりとしていた。


「そーか、じゃ、いいわ」
 魔王だからか?
 確かに彼ほどのものとなれば今更新しい魔法を覚えなくても大抵のことは何とかできそうだ。
 さすがに海を渡ることはできないみたいだけど。


「君も、体がないみたいだから、無理だニ。体があったにしても、君には彼と同じようにここの魔法は必要ないニ」
 そう言われたひのたんは僕の予想通り「えー!」と不服そうな声を上げた。
 しかしそこではっとした顔をする。


「そうだ! これで証明になったじゃないか! 僕はほんとに体がなくって、本当の体はここの魔法が必要ないくらいにすごいってさ!」
 確かにそうだ。
 触れただけで彼らがどれくらいのことまでわかるのかわからないけれど、ひのたんがほんとに体がない、ということがはっきりした。
 今まで嘘っぽいところの多かった彼の言葉だけど、今はなんだか本当のことだと思える。
 人のいい原住民たちのことだ、嘘をついているとは思えない。


「確かに彼はヒトじゃないニ」
 ひのたんに触れた原住民ニムも、もう一度言う。
「そうか、それじゃ、なおさら急がないといけなくなったかも」
 僕は腕組みをした。


 が、そこへバリアの気配が!
(あんたはどーなのよ!)
 バリアが怒鳴る。
 一瞬何のことかわからなかったが、すぐに思い出した。


 そうだ、僕の審査はどうだったんだ?
 いつの間にか僕はノムの手を離していたけど、審査はもうできているはずだ。

Another fantasy - 164 -

「ちょっとだけなら、いいかなぁ?」
 クイットが小さな声で言った。
 横を見れば、クイットの指先が今まさに木へと触れようとしているところ。


「あ、ちょっ、まっ!」
 僕はどうすべきか、何を言うべきか分からないながらも動いた。
 しかし、僕より早く動くものがあった。
 いきなりクイットの指先に何か降ってきたのだ。


 何が落ちてきたのか認識するまもなく、瞬時にクイットの表情が変わった。
「ぎゃわわわ!! 虫?! 虫ぃ?!」
 クイットは両腕を振り回し、めちゃくちゃに動き回っている。
 さっきのは何か虫だったんだろうか。
 白くて、大きかったような気もするけど、こんな大きな木なんだ、どんな虫が住み着いていても不思議じゃない。


 僕はモンスターかもしれない、と考えながら慌てず、慎重に辺りを見回した。
 すると僕の頭になんだか軽い感触が。
「ん!?」
 僕は頭の上をさっと払ったが何の感触もない。
 頭を押さえてみたけど、特に何か乗っている様子はない。


「師匠! なんか変な奴がいましたぜ!」
 マオ君が僕の頭上を指さしながら言う。
「どんな奴?」
 僕は周囲に目を配りながら聞いた。
「あの、原住民っす! ノムとかいうやつ!」
 ノム?
 そういえば原住民はみんな似たような名前を持っていたっけ。
 なんとかノム、とかなんとかナムみたいな感じの。


「あれ、名前知ってるノ?」
 不意に甲高い声が上から降ってきた。
 見上げると、また何か降ってくる。
「あ、虫じゃない?」
 クイットが髪をボサボサにしたまま、近づいてきた。
 少し目が涙目だ。


 僕がクイットの方から目線を戻すと、そこには小さな人がいた。
 確かにメイルの家で見た原住民の映像そのままの見た目だ。
 彼はマオ君の言ったとおり、ノムという名前を持ち、原住民達の中で一番背の低い家系の人物だろう。


「さっき黒い人がいたノ。あの人木、傷つけたノ。僕らも吹き飛ばしたノ。あの人誰なノ?」
 彼は細い小さな目で僕らを見上げた。
 どこか警戒しているように見える。


「僕らもあの人を知らないんだ。でも、今はもういないよ。僕らの・・・・・・」
 一瞬ビシウスを仲間と言うべきか知り合いと言うべきか悩んだ。
 仲間というには距離があるし、知り合いというのも少し遠い気がする。
 でも、クイットの前だ。


「仲間が追い払ってくれたからさ。木を狙ってたわけじゃないと思う」
 この木が一体どんなものか詳しいことは分からないけど、特別なものなのは分かる。
 彼女がこの木を狙っていた可能性はないわけじゃない。
 しかし、木を狙うなら僕らの前には現れずに直接向かったはず。 
 きっと彼女は僕らのうちの誰かに、何か目的があって、木には特に用はないはずだ。


「そうなノ? じゃぁ、安心なノ」
 今の説明だけで、安心してくれたらしい彼は、指笛を吹いた。
 すると、わらわらと何かが降ってきて、根っこの間からもたくさん出てきた。
 慌てて辺りを見ると、みんな原住民達だ。


「ようこそナ!」とか「よくきたニ」とか、「ゆっくりしてネ」とか「久々のお客さんだヌ」とかいろんな声が聞こえる。
 それぞれ、語尾に決まった音をいうのが癖らしい。
 癖、というより決まりめいたところがある。
 たぶん、ナを語尾につけてしまう人はナムという名前の人々、という風に、語尾でどの家系の人か見分けることができるのだろう。


 それにしてもちょっとした説明だけであっという間に警戒を解いてしまった。
 彼らはかなり人がいいらしい。

Anotehr fantasy - 163 -

「また何か考え込んでる?」
 僕がまたうつむいてしまっていると、クイットに肩をつつかれた。
 どうも僕は考えごとを始めるとうつむいてしまうらしい。
 これでは僕が考えごとをしているかどうかすぐに分かってしまうな。 


「あぁ、海を移動できるような魔法とか方法が、ちゃんと見つかるかな、と思って」
 それから、ビシウスについてのことも、僕の頭の中ではまだ引っかかったままだ。
 クイットはきっと、ビシウスが一般的に悪魔と呼ばれている生き物だということを知らないだろう。
 これは言うべきなんだろうか。
 僕が苦笑いで場をごまかしながら考えているとバリアが口を挟んだ。


(あ、言わない方がいいかも! 見た目的には悪魔の特徴と一致してるけど、私の知らない種族もいるだろうからさ。もしかするとただ珍しい種族だっただけ、とかいうのもあるかもしんないし)
 なるほど、確かに世の中にはびっくりするほどたくさんの種族がいる。
 僕らみたいな普通の人間、それからクイットみたいなエルフや、キトンやブレイズみたいな、ヴィクマー族とか、もっとほかにもいろんな種族がいる。
 全部で一体いくらいるのか分からないけれど、すべて把握している人なんていないんじゃないか。
 そういう人がいたにしても、ほんの数人だろう。


 僕がぼんやりまた考えごとをしている横では、マオ君、ひのたん、クイットが3人で楽しげに話をしていた。
 彼らの話を聞くともなしに聞きながら、歩いていると、徐々に巨木が近づき、それにつれ道がだんだんと開けていく。
 細々と出ていた木の根っこも減っていき、大きな根が時折でこぼこを作っているだけになった。
 地面をみる必要がなくなり、顔を上げると、思ったよりずっと近くに巨木が迫っている。
 僕は思わず木を見上げた。
 クイット達も僕につられて、木を見上げた、ような気配がした。


 クイット達が一旦足を止めたので、僕も立ち止まったまま木を見る。
 巨木はこれまで見たものの中で何より大きく、存在感があった。
 どれだけの時間をかけて大きくなったんだろう。
 人々が生まれるその前からこの木はあって、世界を見守っていたんじゃないか、そんな気がした。


 木からはたくさんの枝が伸び、そのいくつかに小さな家のようなものが見える。
 確かそれらが原住民達の家だ。
 あと、地面の近く、根の間にできた空洞にも原住民達が暮らしているとか。


「早く行ってみよう!」
 クイットが巨木へ向かって手を振り、駆けだしていく。
 その後をひのたんとマオ君がついていった。
 僕も遅れまいとその後に続く。


 原住民達の姿はなく、僕らはすぐさま、巨木の前へ着いた。
 メイルの家で見た情報によれば、本来なら誰かしらここにいるらしいのだが、なぜか今は何の気配もない。
 さきほどの女の子の件で警戒されているんだろうか。


「ね、触ってもいいのかな?」
 クイットがより一層木に近づきながら僕を見た。 
 僕は首を傾げる。
 それから、僕は何となく頭上を見上げた。
 頭上は巨木の枝や葉に覆われ、所々隙間から暖かな日差しが指している。
 この景色を見ながら、日の光を浴びていると、なんだかすごく癒される気がした。
 船の上では気分が暗くなったり、体の調子がおかしくなったりしたけど、ここにいると、そんな体の内側も光に照らされていくような感じがする。


「どうしたらいいんだろう?」
 僕は話を聞こうと思っていた原住民が全く姿を現さないので、戸惑いながら、一歩木へと歩み寄った。
 巨木には手をのばせば届く距離だ。
 しかし、この木には勝手に触れてはいけないような気がする。

Another fantasy - 162 -

(典型的悪魔ってどういうこと?)
 僕が聞くと、バリアはあー、とか、うー、とか少し唸った後、話し始めた。
(この世界じゃ知っててもあまり意味がないような気がしなくもないんだけど、船でのことがあったしね)とかなんとかぐずぐず言っている。
 バリアにしては珍しく歯切れが悪い。
 しかし、彼女をあんまりせかして機嫌を悪くしてはいけない。
 ここは話してくれるのを辛抱強く待とう。


(あのね、船を襲った悪魔もそうだし、キルアもなんだけど、悪魔って、まず、背中に羽が生えてんのね)
 一般的にコウモリのような羽のような形らしい。
 その形に次に多いのは、黒い鳥の羽形。


(それで、悪魔系の奴はみんな、目が赤いんだ。これが悪魔を見分けるポイントかな? っても、目の色は魔法で変えられるし、片目だけが赤い奴もいるしまちまちなんだけど)
 バリア曰く、悪魔にはいろんな形のものがいて、等級のようなものもあるとか。
 つまり、悪魔に弱いのもいれば強いのもいる。
 話せば長くなるそうだからあまり詳しいことは聞かなかったけど。


(それで、さっきの子は羽といい、赤い目といい、どうみても悪魔だね。あと、ビシウスってやつもさ、背中の羽と、目からして、悪魔になるんじゃないかな)
 バリアの言うとおり、確かにビシウスの背中には羽が生えていたし、彼の目は青と赤だった。


 でも、今まで、ビシウスが悪魔っぽいとは思っていたけれど、本当に悪魔だったなんて。
 かと言ったって、キルアみたいに悪者じゃない悪魔もいるわけで、ビシウスは数少ない良い悪魔なんじゃ?
(そうね、詳しいことはわかんないけどさ、彼はきっと悪い奴じゃない。彼の過去とかが気になるところではあるけど)


 ビシウスの過去、か。
 クイットとはどれくらいのつき合いになるんだろう。
 昔から一緒にいるとかいう話を聞いたけど、昔ってどれくらいの時間?
 でも、クイットがさっきの女の子に、ビシウスを知っているどうか聞いていたところをみると、クイットとビシウスはお互い誰か知り合いが作れるくらいの、ちゃんと物心ついた後に出会って、人間関係なんかを含む、出会う前のことは知らない、そうとれるんじゃないだろうか。
 要するに生まれた頃からのつき合い、とかそんなんじゃなさそう。
 ある程度成長してから彼らは出会ったんだろう。
 といったって、どんなに考えたところで推測の域を出ないんだけど。


「ねぇ、ケイ」
 ビシウスとクイットの出会いについて考えていると、不意にクイットに話しかけられた。
 突然だったから思い切りびくりと体がふるえる。
「どしたの? そんなに驚いてさ?」
 いったい何考えてたんだよ? といいたげな、顔で目を細める。
 ま、ケイの考えごとはいつものことだからね、と彼女は表情を元に戻し、前方を指さした。


「ねぇ、もう木の幹が見えるよ!」
 クイットの指の先、道のずっと先を見ると、茶色いごつごつしたものが木々の間に少しだけ見える。
 上を見上げれば、いつの間にか巨大な木から伸びた枝が僕らの頭上を覆おうとしていた。
 さっきまで木の根っこなんかにつまづかないよう、足元を見ながら歩いていたから、全然気がつかなかった。
 いつの間にか巨木のすぐ近くまできていたんだ。


「もうすぐだな!」
 ひのたんがどこか嬉しそうにいう。
 彼が一番先を急いでるんだもんな。
 いろんな邪魔が入ったりはしたけど、ちゃんと先に進んでいけることが嬉しいのだろう。


 といったって、巨木の下について、すべて思い通りにいくかどうかは分からない。
 原住民達も一度は姿を見せたけれど、奇妙なあの女の子が起こしたらしい風に吹き飛ばされて以来、姿を見せない。
 もしかしたらさっきの風は僕たちが起こしたのだと思われて、魔法を教えてもらおうにも、追い返されるだけになってしまうかも。

Another fantasy - 161 -

 森の中は大変なことになってしまい、姿を現した原住民達も今はどこかに行ってしまったが、ともかく、目的の森の中心の巨木へと向かうことにしよう。
「いこうか」と僕はみんなに声をかけ、再び歩き始めた。


「なんかそわそわするっす」
 僕らが再び前に進み始めたところで、マオ君が独り言のような小さい声を出した。
「そわそわ? また近くに何かいるの?」
「いや、モンスターとかそういうのが近くにいるってんじゃないんすよ。もっと違う何かが近くにあるような」
 僕が聞くとマオ君はもごもごとそう言った。


 いる、じゃなくて、ある、か。
 何か気になるが、モンスターじゃないようだし、まるで生き物じゃないような言い方からすると、さし当たっての危険はないようだ。
「まぁ、気にしないでくださいよ。危険そうなものじゃないんで」
 マオ君はいくらか軽い調子で言った。
 なら大丈夫だと信じておこう。 


 そこで僕らの間から会話はなくなった。
 さっきの戦闘での疲れもあり、あまりおしゃべりをするような気分じゃなかった。
 しかし、口が動かない分頭の中はよく動く。


 まず、僕が考えたのは、先ほどの奇妙な女の子のことだ。
 クイットの言うようにどことなくビシウスと雰囲気が似ている。


 そして、彼女が現れる前に吹いた突風。
 あれは自然なものではない、と言うことは、彼女が起こしたものだ。
 彼女の背中には左右形の違う大きな羽が生えていて、その羽で空を飛ぶ。
 飛び上がるときにも強烈な風が吹いたがその風は、彼女が現れたとき襲ってきたものよりは、かなり規模の小さなものだった。
 彼女が出没したときの風は周りの木々をなぎ倒すほどの破壊力があり、僕が思うにそれは彼女が魔法で出したものなのではないか。
 あれだけの力の風を起こすとなると、相当な魔力が必要になるだろう。
 実際マオ君にかばってもらわなかったら僕らは吹き飛ばされ大怪我を負っていた。
 運が悪ければ気の枝に刺さったりして死んでいたかもしれないのだ。
 だから、彼女は相当な魔力の持ち主、そして、僕らを攻撃するつもりでいた、ということだろう。


(あんた、暇になるとすぐいろいろと考え込むよね)
 いきなりバリアの声が僕の思考の中に割って入った。
(そりゃさ、こんなよく分からないことがあったら誰でも考え込んじゃうでしょ?)
 最近僕の身の回りでは一筋縄ではいかないことばかりだ。
 いつも複雑でよく分からない。
 今回のことだってなぜあの女の子は僕らを襲ったのかちっとも分からなかった。
 結局特に危害は加えられなかったからいいんだけど、彼女の目的がなんだったのか気になる。
 もし、彼女が何らかの目的があって僕らの前に現れたのなら、さっき彼女が目的を達成したような様子はないことだし、また僕らの前に現れるんじゃないだろうか。


(確かにねぇ。あの様子じゃ、またなんかしにくるね、奴は)
 バリアも僕の考えに賛同した。
 彼女は僕の記憶についてや、心の中のことについては自分のものと同じように、手に取るように分かってしまうようだ。
 今では勝手に考えごとに意見を言われてもすっかり慣れて、普通に意見交換したりしている。


 ぼくは、やっぱそう思うよね、と返事を返した後、ふと思いついて、もう一度バリアに話しかける。
(そういえば、さっきの子悪魔に似てたけど、バリアのいたところにあんな人いなかったの?)
 バリア、そしてキルアは僕らとは違うところで生活していたという話だ。
 違うところというのがどういったところなのかはよく分からないが、世界が違う、というのが一番しっくりくるかもしれない。


(そ、そーね。確かに悪魔みたいだった。典型的な悪魔の見た目かな)
 典型的な悪魔?
 やはりバリアは僕が知らないような情報を持っているようだ。
 僕が質問するまで教えてくれなかったのは何か理由があるんだろうか。
 心なしか答える声が慌てている風に聞こえたし。


 こういうとき、バリアはずるいな、と思う。
 僕の心の中とか、あまり見せたくないところがバリアには全部見えてるのに、僕の方からじゃ、バリアやキルアのことは、向こうが話してくれない限り何にも分からない。
 しかし、そんなことは今に始まったことじゃない、とりあえず今聞くべきは、悪魔についてのことだ。
プロフィール

yamattulann

Author:yamattulann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。